美容・健康

心地よさとハリ艶を届ける。一路真輝さんが体感する最高峰クリーム

最新エイジングケアが描く幸福な未来 私たちの最高峰美容 第4回(全5回) 遺伝子レベルの研究がスタンダードとなったエイジングケア効果や、五感を満たす使い心地の一つ一つに至るまですべてがラグジュアリーな化粧品は、私たちに美しく生きる自信と喜びを与えてくれる大切なパートナーです。日々のお手入れで幸福な未来を紡ぐ、最高峰美容の最新情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

家庭画報ビューティアンバサダーが体感した最高峰美容02

●前回記事(草刈民代さん)はこちら>>

一路真輝さん
一路真輝(いちろ・まき)
11月、12月にベートーヴェン生誕250年を記念する舞台『ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』、2021年1月、2月に『キオスク』地方公演に出演予定。
ブラウス14万円/ミカコ ナカムラ(ミカコ ナカムラ 南青山サロン)イヤリング50万円 ネックレス32万円 リング60万円/すべてロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

心地よさとハリ艶を届ける最高峰クリーム【一路真輝さん】

「クリームは“肌との対話”を存分に楽しめるアイテムですね。テクスチャーや香りを堪能しながら、肌とじっくり向き合うお手入れができます」。今回4つのクリームを試した一路真輝さん。

「気温のアップダウンや一日の過ごし方によって肌のコンディションは変わりますから、それを感じ取り、肌が喜びそうなクリームを選びます。ハリ艶の手応えはさすが最高峰クリーム。どれも秀逸ですが、使い心地や香りに個性があり、その多彩さが楽しい。一日の終わりに、スキンケアを通して自分を慈しむ幸せを感じました。慌しい毎日だからこそ、貴重な時間です」。

「肌と対話するお手入れが美しさの鍵に。心を込めれば、肌は喜んで応えてくれます」── 一路真輝さん

そして朝のクリームの大切さも実感したそう。

「マスクの着用で肌の水分が奪われると聞きました。確かに、朝もクリームをしっかり塗るようにしてから肌の調子がいいんです。乾燥やマスクの刺激から守ってくれているのでしょうね。これから空気がカラカラに乾く季節。クリーム美容にさらに力を入れたいと思います」。

一路真輝さんのコスメ

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/戸田嘉昭〈パイルドライバー〉、富田眞光〈vale.〉 スタイリング/高橋尚美、坂本久仁子 取材・文/佐藤由喜美

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading