美容・健康

「50代は美しさを開花させられる年代。探究心を大切に、努力を重ねたい」草刈民代さん

最新エイジングケアが描く幸福な未来 私たちの最高峰美容 第3回(全5回) 遺伝子レベルの研究がスタンダードとなったエイジングケア効果や、五感を満たす使い心地の一つ一つに至るまですべてがラグジュアリーな化粧品は、私たちに美しく生きる自信と喜びを与えてくれる大切なパートナーです。日々のお手入れで幸福な未来を紡ぐ、最高峰美容の最新情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

家庭画報ビューティアンバサダーが体感した最高峰美容

草刈民代さん
草刈民代(くさかり・たみよ)
ミュージカル『The PROM』(2021年3月~4月東京、5月大阪)に出演予定。日本テレビ『ワーズハウスへようこそ』(毎週土曜20時54分~21時)にレギュラー出演中。
トップス2万9000円 スカート3万8000円/ともにPLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE(ISSEY MIYAKE INC.)イヤリング32万円/イレアナ・マクリ(イレアナ・マクリ伊勢丹新宿店)バングル160万円/ケイテン

輪郭まで引き締める最先端美容液【草刈民代さん】

「年齢を重ねるほど、メイクは薄いほうがいいと思うようになりました。完璧に作り込んだベースメイクよりも、素の肌を生かしたほうが綺麗に見えますし、くずれにくいからです」。舞台に立っていた頃からの習慣で、メイクは基本的に自分でするという草刈民代さん。基礎化粧品をひととおり塗ってからローションマスクで浸透を促し、化粧のりのいい肌に整えるそう。

「“薄化粧で済む肌”が私のテーマ。クレンジング時や入浴後はスチーマーを使い、スキンケアにはしっかり時間をかけます」。

「50代はまだまだ美しさを開花させられる年代。探究心を大切に、努力を重ねたい」

草刈さんがお手入れに欠かさず取り入れているのが美容液です。今回はリフトアップに特化した新製品を試し、その効果を体感。

「歌や長台詞であごに負担がかかるとフェイスラインが硬くなりやすいので、こういう化粧品を使いながらほぐすお手入れは大切。美容液の魅力はやはり浸透感と即効性ですね。きゅっと引き締まる感じやハリ感に嬉しくなります」。

コスメ

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/戸田嘉昭〈パイルドライバー〉、富田眞光〈vale.〉 スタイリング/高橋尚美、宋 明美 ヘア&メイク/齋藤美紀〈SINCERELY〉 取材・文/佐藤由喜美

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading