美容・健康

肌の潤いがいちばん高いのは70代!? 老化はスキンケアで十分カバーできる時代に

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】最近、くまや小ジワが目立ってきました

最近目もとのエイジングサインが目立ってきました。このまま老ける一方かと思うと、気が滅入ります。

【回答】肌の潤いがいちばん高いのは70代。ケアを重ねれば、十分カバーできます

回答者/近藤須雅子さん(美容ジャーナリスト)

「今日が人生のいちばん若い日」という言葉があるそうです。なるほど、誰もが明日は確実に今日より1日年を重ねているわけです。

実年齢と肌年齢は必ずしも一致しない

ただ、ビューティにおいては、実年齢と肌年齢は必ずしも一致しません。

その事実を端的に表しているのが、先日発表されたポーラの調査結果です。下のグラフをご覧ください。

画像提供/ポーラ 肌の水分量(うるおい)の調査結果。縦軸は%、1(悪い)~5(良い)の5段階の肌スコアのうち、4か5の人の割合。調査対象の肌分析件数は16万8878件。

肌の潤いがいちばん高いのは、20代でも30代でもなく70代。一般的にいわれる「年齢とともに肌が乾燥する」説に完全に反しています。

私個人の実感でも20代や30代より60代の現在のほうが肌状態はよく、洗顔後、化粧水を使わなくても特に乾燥しません(もちろん、使っていますが)。

また皮膚科学では、紫外線ダメージは蓄積される一方だといいますが、10代~20代であれだけ日焼けしたのに、予想していたほどシミも増えていません。

調査対象はスキンケアに熱心なアペックスの愛用者

それならエイジングケアも不要かというと、むしろ逆。ポーラの調査対象はスキンケアに熱心なアペックスの愛用者。平均的女性よりも充実したケアをされているのは確実です。

私も美容関係の仕事が主になり、美容知識とケアの質が向上するほど肌状態が急上昇しました。

要するに、加齢による肌機能の低下は自然の摂理だけれど、現在の優れたエイジングケア化粧品でケアを重ねれば、十分カバーできるということだと思います。

過去の“老化常識”は、現在の私たちとは違う

過去の“老化常識”は、今のような優秀化粧品がなかった時代もの。現在の優れたアイテムを使う私たちとは違います。

「ずっとケアをサボっていた!」という方も、大丈夫。なにしろ今日はいちばん若い日。今すぐ始めれば、まだまだ挽回できます。

その人の肌状態と住んでいる地域の環境から、最も相性の良いアイテムが選べる美容液。アペックス セラム 911(ミルク、くすみタイプ、医薬部外品) アペックス セラム 912(ジェル、ニキビタイプ、医薬部外品) アペックス セラム 913(オイル、バリアタイプ) 各35ml 各1万2000円/ポーラ

近藤須雅子/Sugako Kondo

美容ジャーナリスト。京都生まれ。女性誌・美容誌をはじめ、多数の媒体で美容記事に携わり、35年以上にわたり最前線で活躍。趣味は着物、美術鑑賞など。

●お問い合わせ
ポーラ お客さま相談室
フリーダイヤル:0120-117111 https://www.pola.co.jp/

イラスト/umao


質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading