美容・健康

少しの工夫で髪のボリュームがアップ。大人のための基本のスタイリング方法

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの回答

365日美と健康のお悩み相談室

【お悩み】年々、髪のボリュームが減っていきます

髪にボリュームがなくなり、老けて見えるように。ボリュームを出すにはどうすればいいですか?

【回答】毎日のスタイリングに一工夫を

髪が細くなったり、毛量が減ってボリュームがなくなる……。大人になると現れるこれらのエイジング毛は、若い頃と同じ方法では老けて見えてしてしまいますから、スタイリング方法にも工夫が必要です。

今回は、洗練された旬のスタイルが見つかるヘアカタログ『私らしいキレイが楽しい大人ヘア』より大人のための基本のスタイリング方法を紹介します。

少し手間はかかりますが、慣れれば簡単なものばかり。ちょっとしたテクでみずみずしい仕上がりになりますよ。

大人のための基本ドライ方法

大人は根元を起こして乾かすのが基本!

よほどの多毛やクセ毛でない限り、エイジング毛は髪が細くなったり、毛量が減ったりしているので、ボリュームが出にくいのが一般的。

でも、根元を起こすように乾かすだけで、簡単にふんわりとした仕上がりになります。記事の最後にやり方を紹介しているので、ただなんとなく乾かしていた人は、一度試してみましょう。

トップの高さは、若見えの必須条件

毛量が多く広がる髪質でも、つぶれがちなのがトップ。ここがペタンとしていると、一気に老けて見えるので、トップの高さは死守しましょう。

自然なふんわり感を出すためには、8割ほど乾かしたときにハンドブローをプラスするのがコツ。アイロンやカーラーで巻くのはそのあとです。

1.トップに手ぐしを入れて前から後ろに向けてとかし、その毛束をつかんだまま前へ戻すと、根元に自然な立ち上がりがつきます。ブラシではなく手ぐしで行うこと。

2.1 の手のまま、逆の手でドライヤーをあてます。風が強いと根元が倒れてしまうので弱風にし、髪の熱が冷めたら手を離します。

基本ドライ方法を実践!

『私らしいキレイが楽しい大人ヘア』

“私らしさ”を楽しむためのヘアスタイルのヒントや、エイジングと正しく向き合う方法を紹介。洗練された旬のスタイルを見つけられるヘアカタログ。


イラスト/umao 撮影/久保田彩子、伏見早織、武蔵俊介 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading