美容・健康

長谷川理恵さん流、美しさを保つ食生活のポイント。心と体を整え暴飲暴食を減らす

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】衝動的に甘いものを食べたり、ダラダラと間食したり、食生活が乱れがちです

つい食べ過ぎてしまい、反省することの繰り返しです。体の中から美しい「健康美」を叶える食生活のポイントはどんなことでしょうか。

【回答】心と体を整えることで暴飲暴食は減ります

回答者/長谷川理恵さん(ファッションモデル)

「食べてはいけない」と思うと、よけいに食べたくなるものです。私もガリガリに痩せた体を無理にキープしていた20代の頃は食欲との闘いで、ストレスまみれでした。

我慢を繰り返すと、心と体が真逆の状態となり、矛盾が生じます。ダイエットのリバウンドは、まさにそうした矛盾から起こるものでしょう。

無駄食いはしないこと

我慢がつらいときは、いっそ食べたほうがいいと思います。

ただ、どうでもいいものをダラダラと口にするのはやめましょう。どうでもいいもので体がつくられてしまいます。

本当に食べたい美味しいものを味わって食べると、満たされます。あとは、そのぶん体を動かして帳消しにすればいいのです。

リラックスと運動が鍵。自分自身を大切に

精神的なストレスは過食の原因になりやすいもの。肩の力を抜いて自分をリラックスさせる術をもちましょう。

運動も有効です。血流をよくして体調を整えると、甘いものを無駄に欲することがなくなります。私はフィジカルトレーニングをするようになってから、食の好みが変わり、おのずと体が求める栄養を摂るようになりました。

自分が心地いい食のスタイルを

健康と美容にいいとされる食事法はたくさんありますが、人によって“正解”は違うと思います。大切なのは、そのスタイルが自分にとって心地いいかどうか。

私の場合は1日1.5食がベスト。朝は水分のみ。昼は軽食。夕飯は家族と一緒に食卓を囲み、栄養バランスを考慮しつつ、食べたいものをしっかりと食べます。

ワインが大好きなので、BIOワイン(自然派ワイン)もほぼ毎日飲んでいます。リラックスしながら楽しい食事をすると脳が満足するので、必要以上に食べすぎることがありません。

長谷川理恵/Rie Hasegawa

1973年生まれ。1993年よりファッション誌のモデルとして活躍する。ランニング歴20年、フルマラソン自己ベストタイムは3時間15分36秒。鎌倉でのライフスタイルが、幅広い女性に支持されている。食・ファッション・スポーツを通して様々な活動を推進。ヴィーガンパティシエ、WabiYogaインストラクターとしての顔も持つ。最近ではインスタグラムでのフィジカルトレーニング「リエトレ」が話題。@rie_hasegawa https://lineblog.me/hasegawarie/

イラスト/umao 取材・文/佐藤由喜美


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading