美容・健康

シャネル N°5の誕生から100周年を目前に新フィルムを公開。撮影の舞台裏フォトギャラリーも

シャネルのメゾンを代表するフレグランス「シャネル N°5」が2021年に100周年を迎えます。そして今年はホリデーシーズンを美しく彩る新フィルムが公開。

©CHANEL

新しいフィルムの本篇は2020年10月30日より世界各国で公開予定。今回は、一足早くティザー映像を先行配信します。

新しいN°5のアンバサダーは女優マリオン・コティヤール。彼女がフレグランスのイメージを務めるのは初めて。

N°5のブランド アンバサダーは1954 年のマリリン・モンローから、カトリーヌ・ドヌーヴ、キャロル・ブケー、ニコール・キッドマンに続く5人目。マリオン・コティヤールは「N°5 は香水以上のもの。香りという真の芸術作品。いつだって夢をみせてくれるものです」とインタビューに答えた。©CHANEL

月の引力に応えて輝くエネルギーを秘める、今を生きる女性を描く

舞台はイルミネーションがきらめく冬のパリ。夜にひとりセーヌ川にかかる橋の上を歩く黒いケープを纏った女性。光り輝く満月をじっと見つめると……。突然、彼女は月の上にいて、そこではひとりの男性が待っている――。

フィルムの本篇は2020年10月30日より、シャネル公式サイトや公式SNSなどで公開予定です。

▼ティザー映像を見る

相手役には、元エトワールのジェレミー・べランガール。コレオグラファー(振付師)のライアン・ハフィントンが振付を担当。

ジェレミー・べランガール ©CHANEL

監督はヨハン・レンク。「夢の拡大と、新しい領域の探求」に着想を得て、地球から離れた「月」を舞台にさまざまな愛の側面を描きました。

ヨハン・レンク。ミュージックビデオや広告など多彩な映像のフィールドで活躍する。テレビシリーズ『チェルノブイリ』で多数の賞を獲得。スウェーデン出身。 ©CHANEL

自由を表現した、繊細なドレスにも注目を

©CHANEL

刺繍が施された金色のレースでできたドレスは、纏う人のどんな動きにもぴったりと寄り添います。花と葉をモチーフにした刺繍は16人の職人の手作業によるもので、繊細かつ極めて軽やか。

まもなく誕生から100年を迎えるメゾンのアイコン フレグランス

シャネル N°5 オードゥ パルファム 100ml 1万7000円/シャネル ©CHANEL

マドモアゼル シャネルが世に送り出した伝説的な香り。綿密に作り上げられたエレガントな香りは、ジャスミンやローズ ドゥ メなどのたくさんの花々を想起させながらも、抽象的。時代を経ても色あせない、タイムレスな存在です。

▼舞台裏を見る

今年はN°5のホリデーコレクションも2020年11月6日に発売。N°5のボディ ローションやヘア ミスト、ハンド クリームなどがラインナップ。

Information

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading