美容・健康

冬の肌の乾燥対策、どんなことを気をつけたらよい?ポイントは「洗顔」です

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】冬は肌が乾燥します

乾燥が気になる季節。冬の乾燥対策はどんなことを気をつけたらよいでしょう。

【回答】ぬるめのお湯で洗顔を。泡立たない洗顔料の活用も

回答者/近藤須雅子さん(美容ジャーナリスト)

乾燥が気になる季節になりました。寒くなると肌がかさつくのは、冷たい風や暖房による空気の乾燥もありますが、知らず知らずのうちに、洗顔で潤いを落としすぎていることも少なくありません。

洗顔に温水を使う場合は要注意

というのも、気温が下がるにつれて洗顔に温水を使うようになりますが、これがクセモノ。春夏に使っていた常温の水に比べて、温水は皮脂をしっかり落としてしまうので、そのぶん、肌の保湿力が低下してしまうのです。

そのうえ、夏のように汗や皮脂に強いメイクや日焼け止めを使っていないのに、同じようにしっかり洗っていると、どうしても洗いすぎになってしまうのですね。

洗いすぎで肌が過敏に傾いてしまうことも

洗顔の段階でバリア層をごっそり洗い流してしまうと肌が過敏に傾き、そのあとに保湿アイテムを使ってもそれ自体が刺激になることも。

肌の保湿力が低下しているので、補っても補っても追いつかない、という方も多いはずです。

ですので、温水の温度はできるだけぬるめに。洗顔料も夏には洗浄力が物足りなかった泡立たない洗顔料に、今こそ活躍してもらってもいいですね。

保湿効果の高い美容液や乳液をしっかりつけるのが秘訣

洗顔後は、化粧水をたっぷりつけすぎると、あとに使う美容液や乳液がしっかり密着せず、十分な量をなじませられないことがあります。

むしろ化粧水はひかえめに、保湿効果の高い美容液や乳液をしっかりつけるのが秘訣です。

おすすめアイテム

近藤須雅子/Sugako Kondo

美容ジャーナリスト。京都生まれ。女性誌・美容誌をはじめ、多数の媒体で美容記事に携わり、35年以上にわたり最前線で活躍。趣味は着物、美術鑑賞など。

●お問い合わせ

花王
フリーダイヤル:0120-165-691
https://www.sofina.co.jp/

アルビオン
フリーダイヤル:0120-114-225
https://www.albion.co.jp/

表示価格はすべて税抜です。

イラスト/umao


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading