美容・健康

秋冬ネイルは王道のボルドーでエレガントに。手もとを美しく見せる深い色みを選んで

自宅で楽しむセルフ美容 ハンド&ネイルケアで美しい手もとに 第6回(最終回) 手もとは顔同様に視線を集め、美しい印象や若々しさを醸し出すパーツ。しかし今は思うようにネイルサロンには通えず、また頻繁な手洗いや消毒で、手もとの美しさを保つことが難しくなっています。そこで今月は、ご自身を慈しみながら自宅で簡単に実践できるハンド&ネイルケアをご紹介いたします。前回の記事はこちら>>

今、成熟世代が選ぶべき3つのカラー
3.エレガントな赤

実は色選びが難しいピンクネイル。“透けるような艶”で指先に生命力を与えて

赤のネイル ヴェルニィ・ジバンシイ No.08
秋冬のお洒落にふさわしい王道のボルドーカラー
手もとのお手入れの総仕上げにジュエリーのような色の輝きを添えて。深い赤は、ワンピースに合わせて盛装感を漂わせたり、秋から冬にかけて厚手のニットやダークカラーのコートのポイントにして、カジュアルダウンするのも素敵です。
ブラウス16万9000円 バッグ12万9000円/ともにアクリス(アクリスジャパン) リング110万円 ブレスレット140万円/ともに和光 スカーフ/スタイリスト私物

手もとを美しく見せる深い色みを味方に

いつの時代も赤口紅が特別な存在であるように、赤のネイルは女性を美しく見せるパワーを秘めています。手もとのくすみやシワなどの悩みを一掃し、手を白くきれいに見せてくれる、成熟世代のためのカラーです。

赤のフレンチネイル
柔らかな女性らしさを薫らせるなら、真紅のフレンチネイルで
爪の先だけを染めると、優しい雰囲気に。ベースコートで爪全体に艶を与えたら、先端にだけ真紅を重ねます。「ブラシを広げて爪の先に置き、ポンポンとスタンプのようにのせると簡単に仕上がります。赤に抵抗があるかたでも挑戦していただきやすいアレンジです」。
バッグ10万9000円/アクリス(アクリスジャパン) リング64万円/ブチェラッティ(和光)

なかでもボルドー系の深い赤は、どんな肌色にもなじみ、エレガントでありながら凜とした印象に。強い色に抵抗があるかたは、フレンチデザインで取り入れることもできます。

表示価格はすべて税別です。

撮影/江原英二〈atelier24b〉(人物) 唐澤光也〈レッド ポイント〉(静物) ネイル/渡邉季穂〈uka〉 スタイリング/おおさわ千春 モデル/本部なお 取材・文/寺田奈巳

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading