美容・健康

「健康美」とは程遠い私。何から始めるべきでしょう?長谷川理恵さんにQ&A

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】「健康美」とは程遠い私。何から始めるべきですか

健康的な美しさに憧れますが、スポーツは得意ではありません。どうしたら理想に近づけますか。

【回答】明確な目的意識と、心と体の一致が大切です

回答者/長谷川理恵さん(ファッションモデル)

目的を明確にすることから始めるといいと思います。なぜ変わりたいのか、どんな体になりたいのか、自問自答してみてください。

ただ漠然と理想をイメージするだけでは、やるべきことも見つかりませんし、中途半端に終わってしまいます。

具体的なビジョンを描く

たとえば私の場合、マラソンレースを目指すときは、何のために走るのか、どのくらいのタイムで走りたいのか、どういう走りをしたいのか、そのつど目的を決め、トレーナーやコーチとそれを共有し、モチベーションを上げていきます。

週に1回取り組んでいるフィジカルトレーニングでは、細く、しなやかで、適度に筋肉がついている体、そして何より、ここぞというときにパワーを発揮できる体づくりを目指しています。

具体的な目標を設定すれば、達成する喜びを味わうことができ、さらに上を目指す意欲も湧いて、いいサイクルが生まれます。

逆に目標もなく始めてしまうと長続きせず、三日坊主で終わってしまいます。

アクションを起こす前にメンタルを整えましょう

健康美とは、健康な心と健康な体がしっかりと一致している状態。

スポーツをするうえでもメンタルコントロールはとても大切です。心と体が合っていないと、いいパフォーマンスはできませんし、ケガにもつながります。

体を変えたいと思っている人は、「こんな私なんて」とか「頑張っても、どうせあの人みたいにはなれない」など、自分を否定するのはやめましょう。ネガティブな気持ちのまま取り組んでも、体は反応してくれません。心と体がマッチしていないからです。

これはスキンケアにも通じますね。肌を愛でながら心を込めてお手入れすることで、内側からいきいきと輝くように肌が応えてくれた経験、ありませんか。スポーツも同じ。気持ちの持ち方次第で、細胞レベルから変わるものなのです。

まずは今の自分を肯定することから。そしていいパフォーマンスができたときや、進歩を実感できたときは、自分をべた褒めしてください。

褒めれば褒めるほど、理想の体に近づくはずです。

長谷川理恵/Rie Hasegawa

1973年生まれ。1993年よりファッション誌のモデルとして活躍する。ランニング歴20年、フルマラソン自己ベストタイムは3時間15分36秒。鎌倉でのライフスタイルが、幅広い女性に支持されている。食・ファッション・スポーツを通して様々な活動を推進。ヴィーガンパティシエ、WabiYogaインストラクターとしての顔も持つ。最近ではインスタグラムでのフィジカルトレーニング「リエトレ」が話題。@rie_hasegawa https://lineblog.me/hasegawarie/

イラスト/umao 取材・文/佐藤由喜美


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading