美容・健康

善玉菌を増やし、腸内環境を整える「ホットヨーグルト」寒い日にぴったりです

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

365日美と健康のお悩み相談室

【お悩み】腸が弱く、お腹を下すことが多いです

肝心なときにお腹が痛くなったり、下してしまったり。腸の調子を健康に整えるには、どうすればいいですか?

【回答】ホットヨーグルトで善玉菌を増やしましょう

お腹を下し気味だったり、逆に慢性的な便秘だったりするのは、どちらも腸が健康でない状態です。

そんな腸内環境の整え方を、医学博士でアンチエイジングドクターの日比野佐和子先生の著書『40歳からの食べ方レッスン習慣力で若返る!』より紹介します。

「私たちの腸の中に棲んでいるといわれる約400種類1000兆個の腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌がいて、その割合は2:1:7が理想のバランスとされます。

数の上で一番多い日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の勢力を見ていて、どちらか優勢なほうに加担するという面倒な菌で、この日和見菌を悪玉菌側につけないように、善玉菌を元気にしておくことが得策です」

発酵食品と食物繊維を合わせてとる

「善玉菌をふやし、腸内フローラを元気に整えるには、生きて腸に届く、体に有益な働きをする微生物(菌類)をとることが必要です。

この人体によい菌はプロバイオティクスと呼ばれ、ヨーグルトでおなじみの乳酸菌、ビフィズス菌など、おもに発酵食品に多く含まれています。

そのほか、身近な発酵食品として、ぬか漬けやキムチ、みそ、しょうゆ、納豆、チーズ、日本酒、ワイン、カツオ節などがあります。食物繊維と合わせてとると、効果がよりアップします」(日比野先生)

手軽に善玉菌をふやすホットヨーグルト

今回は、乳酸菌が活性化して善玉菌パワーがアップするという「ホットヨーグルト」を紹介します。

「手軽に善玉菌をふやすには、電子レンジ(600W)で40秒程度温めたホットヨーグルトがおすすめです。

1回分(100g)のヨーグルトを耐熱容器に入れ、ラップをせずに温めます。ヨーグルトを腸内温度と同じ38℃程度に温めることで、有効成分の吸収率も高まります」(日比野先生)

簡単にできるこのホットヨーグルトや発酵食品を毎日の食事に積極的に取り入れて、腸を元気に整えましょう。

日比野佐和子/Sawako Hibino

医学博士。アンチエイジングドクター(日本抗加齢医学会専門医)。内科医、皮膚科医、眼科医。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。

現代医療の立場を踏まえ、欧米のアンチエイジング医学、中医学、アロマセラピーなどを取り入れた実際的な診療で定評がある「結果を出すドクター」。


『40歳からの食べ方レッスン 習慣力で若返る!』(世界文化社)

日比野佐和子(著)

イラスト/umao 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading