美容・健康

君島十和子さんに習う、手もとのアンチエイジング術

自宅で楽しむセルフ美容 ハンド&ネイルケアで美しい手もとに 第1回(全6回) 手もとは顔同様に視線を集め、美しい印象や若々しさを醸し出すパーツ。しかし今は思うようにネイルサロンには通えず、また頻繁な手洗いや消毒で、手もとの美しさを保つことが難しくなっています。そこで、ご自身を慈しみながら自宅で簡単に実践できるハンド&ネイルケアをご紹介いたします。

美容家 君島十和子さんに習う
手もとのアンチエイジング術

君島十和子さん君島十和子さん
スキンケアブランド「FTC」クリエイティブディレクター。美容への深い知識を生かし、美容家としても活躍。年齢を重ねてもなお輝き続けるその姿に憧れる女性も多い。
セーター7万7000円/イレブンティ(三喜商事)ピアス15万円/ラクア(チェルキ)

まず乾燥させない、荒れさせない。
こまめなケアは一日のルーティーンに組み込む

毎日の生活の中で酷使している手もとは、年齢が表れやすいパーツ。しかし、ハンドケアはつい後回しになってしまう、という人も多いのではないでしょうか。

「顔や髪はプロに委ねることができますが、手は自分でケアするしかありません。基本は紫外線対策と保湿。手のお手入れは、毎日のこまめなケアを習慣化することで、必ず結果につながります」と君島十和子さん。

「面倒にならないよう、洗面台などいろいろなところにUVカット効果のあるハンドクリームを置き、“手を洗ったら保湿”を習慣に。スキンケアの際は、デコルテに続いて、手肌も一緒にケア。化粧水や美容液など、余ったものだけでもいいので、手の甲や爪のまわり、ひじまでなじませるようにします」。

「手を洗うことが増えた今だからこそ、
手もとの美しさを取り戻すよい機会にしましょう」

君島十和子さん
ワンピース8万9000円/セタイチロー(シィディア) ピアス1万2700円 リング9900円/ともにスワロフスキー・ジュエリー(スワロフスキー・ジャパン)

また、水につけているだけで手が荒れてしまうというデリケートな肌を持つ十和子さん。「家事をするときは必ずゴム手袋をつけ、乾燥や傷から手を守ります。濡れたらすぐに水分を拭き取ることも、乾燥させないコツです」と話します。

「手もとは結果が出やすいパーツです。手を洗う機会とともに、自分と向き合う時間が増えた今こそケアを始めると、美しく甦り、気分も上がりますよ」。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading