美容・健康

若々しく華のある声の秘訣は呼吸。声のプロに聞く「呼吸法と発声法」

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】自分の声や話し方にコンプレックスがあります

美しく若々しい声になるための簡単なトレーニング法はありますか。

【回答】華がある声の秘訣は呼吸。腹式呼吸を体得しましょう

回答者/墨屋那津子さん(ヴォイスデザイナー)

声は息にのせるもの。若々しくハリのある声と、か細い声の差は呼吸法にあります。

日常的にマスクをつけるようになって、呼吸が浅くなり、口先だけでもごもごと話す人が多くなっています。呼吸法と発声法を意識しましょう。

おなかが膨らむ呼吸を

風船を膨らませるときのように、深く息を吸っておなかを膨らませ、ゆっくり吐いてみてください。横隔膜のあたりが動きますね。

腹式呼吸とは横隔膜を上下に動かす呼吸法です。横隔膜の筋肉は使わないと衰え、息が浅くなり、声も弱々しくなります。

エネルギッシュなハリのある美しい声を出すコツは、横隔膜を鍛えること。

腹式呼吸のトレーニングをしましょう。呼吸によっておなかがへこんだり、ふくらんだりすることを確認します。

次に、普通に息を吐いた後に、頑張ってさらに吐ききります。その逆に、息を吸ってから、さらに吸います。限界を超えるくり返しで胸郭の可動域を広げるのです。

おなかから声を出す

腹式呼吸が難なくできるようになったら、今度は深く息を吸ってから、喉を広げ、リラックスした状態で「あー」と、できるだけ長く声を出します。

これを続けると、ハリのある声が出る基礎が整ってきます。

理想とするイメージを頭に置いて声を出す

声や話し方はその人の印象のおよそ40%を決めるといわれます。

自分がなりたい人物像と、実際の話し声にギャップがあると、思いどおりに事が運ばないことも。声の印象をコントロールしてそれを一致させることは、自分らしく輝いて生きるために大切な演出です。

自分の声や話し方がどういう印象を与えるのか、声の高低、話し方の緩急、滑舌などを客観的にセルフチェックしてみましょう。

より高いレベルの矯正を望む場合は、ボイストレーニング講座などで指導を受けるとよいと思います。

墨屋那津子/Natsuko Sumiya

元NHKアナウンサー、ヴォイスデザイナー、腸活アドバイザー。日本医療腸育普及協会理事。「happy腸活ファスティング」考案者。体の不調を腸活で克服した体験をもとに、腸活の知識普及に尽力中。現在は声の表現指導者としても活躍。「声の印象診断」や「滑舌・話し方の改善指導」に定評があり、企業・大学での講師や、弁護士やアナウンサーなど声を仕事に使うプロからの信頼も厚い。https://n-sumiya.com/

表示価格はすべて税抜きです。

イラスト/umao 取材・文/佐藤由喜美


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading