美容・健康

腸活の手応えがないなら「量不足」かも?ビフィズス菌と食物繊維の大量投入を!

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧スペシャルゲストの回答

【お悩み】腸活に取り組んでいますが、手応えが感じられません

毎日ヨーグルトを食べて、食物繊維も努めて摂っていますが、以前と何も変わらない気がします。

【回答】善玉菌や食物繊維の摂取量が少ないのかもしれません

回答者/墨屋那津子さん(腸活アドバイザー)

腸は1か月で生まれ変わることができる素直な臓器ですが、細々と腸活を続けても目に見える効果は得られにくいもの。

まずは集中して取り組みましょう。状態がよくなったら、あとは継続あるのみです。

海藻や野菜をたくさん食べる

もともと少食のかたもいますが、太ることを気にして、あまり食べないようにしている女性が多いですね。それなりの量を摂らなければ、期待どおりの効果を得るのは難しい。食物繊維が豊富な海藻や野菜はローカロリーですから、たくさん食べても太りません。

たとえば、味噌汁やスープに入っている数枚のわかめでは全く足りません。ちなみに私は毎日、茶碗1杯分のわかめを食べています。“増えるわかめ”を活用するのもいいですね。

また、私が食生活に取り入れているのが低速ジューサーで作るジュース。低速回転で野菜や果物を搾るので、ビタミン類はもちろん、消化吸収に欠かせない酵素も壊すことなく摂ることができます。

食物繊維は水溶性をより意識的にとる

食物繊維には水に溶ける“水溶性”と溶けない“不溶性”があります。どちらも必要ですが、善玉菌のエサになる水溶性をより積極的に摂ってください。

水溶性食物繊維を多く含む食品はわかめ、ひじき、昆布などの海藻類や、らっきょう、大麦。水溶性と不溶性の両方を含む食品はごぼう、にんじん、キウイ、アボカド、なめこ、プルーン、納豆など。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年11月号 10月1日発売

今、ふたたび 極上の旅気分

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading