美容・健康

足の疲労をリセット!こわばった筋肉をじんわりほぐすストレッチ「片脚前屈」

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】毎日、仕事終わりには足がパンパンです

立ち仕事なので、毎日仕事終わりには足がパンパンです。慢性的な足の疲労をどうにかしたいです。

【回答】こわばった筋肉をじんわりほぐす“片脚前屈”を

特に、立ち仕事などで脚を酷使する仕事の方は、慢性的な足の疲労にお悩みのことでしょう。

足は第二の心臓と言われるように、ふくらはぎの筋肉を動かすことで、重力に逆らって血液を押し上げるポンプ作用がありますが、立ちっぱなしでいるとこのポンプ効果が発揮できず、血流が滞りがちになってしまいます。

こわばった筋肉をほぐすストレッチ

そこでおすすめなのが、「片脚前屈」です。パーソナルトレーナーの竹下雄真さんの著書『一生太らない“神”習慣「1日1分」を続けなさい!』よりご紹介します。

片脚を曲げ、片脚を伸ばして前屈を行うシンプルなストレッチですが、これが、こわばった筋肉をじんわりほぐしてくれるそう。

「ひざ裏のこわばりや股関節まわりの筋肉をほぐし、脚の疲れを解消してくれるストレッチ。全身の柔軟性を取り戻しましょう」(竹下さん)

毎日の“1分スクワット”と一緒に

この「片脚前屈」を、竹下さんが提唱する「1分スクワット」に加えて、オフの日や、できるなら毎日行ってみてください。

「疲れているのにスクワットもやるの?」と思うかもしれませんが、毎日わずか1分ならなんとか頑張れそうな気がしませんか?

おしりや太もも、ふくらはぎなどを一度に動かし筋肉を効率よく鍛えることで、疲れにくいカラダになっていきます。ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

「片脚前屈」を実践!

竹下雄真/Yuma Takesita

パーソナルトレーナー。早稲田大学スポーツ科学研究科修了。1998年、シアトルでパーソナルトレーナー研修に参加。以降、スポーツ選手をはじめ、著名人、一流ビジネスマンといった多くのクライアントのコンディションをサポートする。西麻布にプライベートパーソナルトレーニングジム デポルターレクラブを、コートヤードHIROOにてデポルターレヨガ、デポルターレケアをオープン。クラブ経営のほかに飲食店「鶏長天乃じゃくTOKYO」をはじめフード開発、プロダクトやエクササイズの開発等、活動の場を拡げている。


イラスト/umao 撮影/岡田ナツ子 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading