美容・健康

7月の季語「サンドレス」。夏が来たと思わせてくれる、開放的なイメージの季語

日本の季語12か月〔美容歳時記〕
俳人・櫂 未知子さん

7月の季語「サンドレス」

夏は衣類の季語が多い。暑すぎる日本の夏をいかに過ごすか、先人たちが苦心したことを尊重しているからなのだろうか。

和服の季語なら「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」「羅(うすもの)」「芭蕉布」などがある。それぞれ使い分けするというか、どの季語を使うかによって句の印象ががらりと異なってくるのは面白い。

それに対し、洋服系の夏の季語は、みな開放的なイメージがある。色が明るかったり、生地が軽やかだったり、「ああ、本当に夏」と思わせてくれる。

突然の雨に遭ひたしサンドレス
──田中冬生

この句に出合った時、かなり心を動かされた。「サンドレス」は開口部が大きく、のびやかな衣装である。

たとえば海岸を歩く、サンダルを脱いで。「ああ、夏休みだ」と実感しながら。もしくは、高原や避暑地の森を歩む。同じく、「夏はいい」と思いつつ。その時、いきなり雨が降り注いだならば、作者のいる状況は完璧なものとなるだろう。

マイナスに見える場面だから、句が駄目になるわけではない。むしろ、ネガティブな面を持ったからこそ輝く季語がある。雨、そしてサンドレス。なんて素敵なのだろう。
かい みちこ◎「群青」共同代表。俳人協会理事。最新句集『カムイ』(ふらんす堂)が俳人協会賞、小野市詩歌文学賞を受賞。著書多数。

〔今月の逸品〕
パルファム ジバンシイ ソワン ノワール ローション
雨がドレスに染み込むように肌に潤いを届け艶めきをもたらす化粧水

パルファム ジバンシイ

贅沢な使い心地で、海洋の“藻”がもつパワーをそのまま肌の力へ

“藻”の驚くべき生命力に着目したプレミアムスキンケア「ソワン ノワール」のローションが進化しての登場です。

過酷な環境の海で生き残るために藻が作り出す保護分子を、そのパワーが最大になる瞬間に抽出したっぷりと配合しました。

ベースとなるのは自然のミネラルを豊富に含む海洋深層水。美容液のような充実感で肌になじみ、バリア機能をサポートしながら輝くような若々しい肌へ導きます。

塗布した瞬間に、肌がパッと明るくなるその手ごたえに心も弾みます。150ml 1万7000円

●お問い合わせ
パルファム ジバンシイ
TEL:03(3264)3941
https://www.givenchybeauty.com/jp

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/唐澤光也〈レッド ポイント〉 スタイリング/細田宏美

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading