美容・健康

小林ひろ美さんが実践する「眠りの質を高める方法」おすすめの睡眠アイテムも

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】眠りが浅く疲れが取れません

しっかり眠れず、朝まで疲れが残っています。眠りの質を高める良い方法はありますか?

【回答】睡眠の質を良くするアイテムを取り入れてみて

回答者/小林ひろ美さん(美容家)

「睡眠」、「運動」、「栄養バランスの良い食事」、「正しいスキンケア」の4つは、美しさと健康のためには欠かせません。

「睡眠」に関しては、私はできるだけ24時までには寝るようにし、睡眠時間を7時間確保するのが理想です。

もちろん忙しい時期などは、思いどおりにいかないこともあります。そういう時に「できなかった……」と、くよくよしてもしょうがないので、翌日に長めに寝て帳尻を合わせたり、睡眠の質を良くするグッズを取り入れています。

医療現場で使われる枕でストレートネックを改善

睡眠の質を高める方法としておすすめなのが枕を替えることです。

私が使っているのは、通販生活で取り扱っている「メディカル枕」です。医療現場でも採用されている枕で、頭だけでなく、首の付け根まで安定させることができます。この枕にしてから、コリで肩がガチガチになることが減り、ストレートネックが改善した気がします。

香りで寝室をリラックスできる環境に

眠りへの導入が高まるように、お部屋の環境づくりも大切です。

私は、その日の気分に合ったアロマの香りで寝室を満たしてから寝るようにしています。お気に入りの香りはカモミール、クラリセージなど。

また、深い睡眠に導くといわれるテレビの砂嵐音(ホワイトノイズ)が流れる快眠グッズを持っていて、それを流すこともあります。

小林ひろ美/Hiromi Kobayashi

美容家。翻訳や輸入業に携わった後、1991年に母・照子さんとともに株式会社美・ファイン研究所を設立。1998年には、リバイタライズサロン クリームをオープン。納得の理論と簡単で効果的な美容法が多くの女性の支持を集め、テレビや雑誌を中心に活躍中。http://www.be-fine.co.jp/president/hiromi.html

表示価格はすべて税抜きです。

イラスト/umao 取材・文/水浦裕美


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading