美容・健康

昔より痩せにくくなったなら「股関節」を鍛えましょう。簡単エクササイズを紹介

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】どんどん痩せにくくなっています

若い頃は運動やダイエットで体を絞れたのに、年を取るにつれ、だんだん痩せるのが難しくなってきています。

【回答】股関節の動きをよくして、下半身を鍛えましょう

フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんによると、カギを握るのは、「股関節」だそう。

「20代をピークに、筋力は年約1%ずつ低下するといわれています。運動不足で衰えやすいのは、太ももやおしりの下半身の筋肉。まさに“老化は足腰から”なのです。

下半身の筋肉が衰えると、立つ、歩く、階段の上り下りといった日常生活の動作がつらくなります。すると運動量が落ち、代謝も下がって太りやすくなり、姿勢も悪くなって、体の老化が一気に進みます。

そこで、はじめに鍛えたいのが太ももの付け根にある“股関節”です。

股関節がうまく使えないと、日常生活だけでなく、しゃがんだり、走ったり、跳んだりといった全身の動きもスムーズに行えなくなり、体の衰えを加速させます」(中野さん)

イスに座ってできる簡単なエクササイズ

そこで、中野さんが『40歳からは股関節と肩甲骨を鍛えなさい!』の中でオススメするエクササイズより、股関節周囲に筋肉をつけ脚の根元の動きをよくする「ひざ上げ」をご紹介しましょう。

イスに座ってできる簡単な動きです。

ポイントは上体も同時に前に傾けること

ポイントは、2のステップの際に上体も同時に前に傾けること。

上体が倒れていないと股関節が動ける範囲が狭くなるため、腸腰筋が鍛えにくくなるそうなのでご注意ください。

代謝を下げないためにも、股関節の動きを良くし、全身の動きをスムーズにするこのエクササイズをぜひ取り入れてみてくださいね。

「ひざ上げ」を実践!

▼エクササイズの方法は下の写真をスワイプしてをご覧ください▼

中野ジェームズ修一/Shuichi James Nakano

1971年生まれ。フィジカルトレーナー、フィットネスモチベーター。アメリカスポーツ医学会認定運動生理学士。

卓球の福原愛選手、テニスのクルム伊達公子選手ら多くのトップアスリートのパーソナルトレーナーを歴任。必ず結果を出すトレーナーとして絶大な信頼を得る。2014年より青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。会員制パーソナルトレーニングジム「CLUB100」を主宰するほか、エクササイズ関連の自著は50冊を超え、運動することの大切さを一般に広める活動にも精力的に取り組んでいる。


『40歳からは股関節と肩甲骨を鍛えなさい!』(世界文化社)
中野ジェームズ修一(著)

イラスト/umao 撮影/岡田ナツ子 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading