美容・健康

夏に気になるスキンケアのべたつき。クリームや乳液はやっぱり必要?

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】夏も保湿クリームを使ったほうがいいですか?

暑い季節は化粧品のべたつきが気になります。夏もクリームや乳液を使ったほうがいいですか?

【回答】肌年齢に合わせてアイテムを選んでみて

回答者/近藤須雅子さん(美容ジャーナリスト)

「乾燥は肌トラブルやエイジングの引き金」であることが知られるようになり、現在では保湿力は化粧品に必須の効能です。

化粧水は“しっとりタイプ”と“もっとしっとりタイプ”が主流に

そのため、以前は“さっぱりタイプ”と“しっとりタイプ”の2種が定番だった肌質別化粧水も、“しっとりタイプ”と“もっとしっとりタイプ”が主流に。

“さっぱりタイプ”がないシリーズも少なくありません。

一方、実年齢よりずっと肌が若々しく、それほど高い保湿力の必要ない方も増えています。ご質問者も、若々しく潤いのある肌の持ち主のはず。

そうした方は、肌年齢に合わせて、実年齢より若い世代向けのシリーズを選んだり、不要な保湿アイテムを減らすのも一案です。

軽いテクスチャーの美容液を活用

エイジングケアも、油性アイテムである乳液やクリームは省略して、軽いテクスチャーのエイジングケア用美容液を活用されてはいかがでしょう。

●関連記事をもっと読む

気持ちが上がる美容液! 一路真輝さんが、エスティ ローダーの新商品をお試し

近藤須雅子/Sugako Kondo

美容ジャーナリスト。京都生まれ。女性誌・美容誌をはじめ、多数の媒体で美容記事に携わり、35年以上にわたり最前線で活躍。趣味は着物、美術鑑賞など。

イラスト/umao 


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading