美容・健康

口もとの赤が映える つややかに光をまとった上質肌を叶える2品

日本の季語12か月〔美容歳時記〕
俳人・櫂 未知子さん

1月の季語「寒紅(かんべに)」

寒中の水を「寒の水」という。神秘的な力があるとされ、滋養強壮のために今でも飲んだりする。

似た季語に「寒卵」がある。寒中の卵は栄養が豊富で、かつては特に体によいとされた。

じつは、女性が顔に用いるものにも、寒中には特別なものがあった。「寒紅」である。なかでも、寒中の丑の日に買ったものは、さまざまな薬効があるとされた。

丑紅(うしべに)を皆濃くつけて話しけり
——高浜虚子

寒中につくられた口紅は品質がよいとされた。その材料の紅花は染料として珍重された。また、高級な口紅のもととして大切にされた。

高浜虚子のこの句は、ここぞとばかり、その寒紅(丑紅)をたっぷりつけて集った婦人たちの姿が描かれている。

1年で最も寒い時期に、華やかな色彩を選んで句会や大会に続々来たかたがたの弾む気持ちを描いているようで、面白い作品である。

高校生の頃、京都で貝殻に入れて売られていた紅を買った。豪華な寒紅とはおそらく全くの別物だった。しかし、あの色彩はなぜか心をくすぐる。

口紅、頰紅、そしてそのほかのさまざまな赤さは、女性が最も求める華なのではないだろうか。

かい みちこ◎「群青」共同代表。俳人協会理事。最新句集『カムイ』(ふらんす堂)が俳人協会賞、小野市詩歌文学賞を受賞。著書多数。

〔今月の逸品〕
ランコム アプソリュ タン クッション コンパクト、同 ゴールデン プライマー
口もとの赤が映えるつややかに光をまとった上質肌を叶える2品

ランコム

コンパクト 全4色 1万1000円、プライマー 15ml 1万円

まるで美容液やオイルのように美肌を叶えるベースメイク

“ファンデーションを塗る”というよりは“光をのせて素肌を美しくする”という新感覚のクッションファンデーション。

ランコムの最高峰スキンケア、「アプソリュ」シリーズと共通のローズ由来成分、肌のバリア機能を強化するカメリアオイル、肌の再生を助けるシトラスオイルを配合。つけるほどに心地よく、上質でなめらかな肌へと導きます。

セットのプライマーは、22金ゴールドのパウダーが繊細な輝きを演出。毛穴などカバーしたい悩みやつやが欲しい部位にプラスして。

●お問い合わせ
ランコム
TEL:03(6911)8151
https://www.lancome.jp/

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/唐澤光也〈レッド ポイント〉 スタイリング/細田宏美

『家庭画報』2020年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading