美容・健康

スタイリストに教わる、 着こなしで「美しい背中」は演出できる?

「背中」からアンチエイジング(番外編) ここまで6回にわたってお届けしてきた美しい背中づくり。番外編として締めくくりはファッション連載、「迷い世代の服選び」でおなじみのスタイリスト、おおさわ千春さんに、服選びと、姿勢の関係について伺います。

まずは背筋を1cm伸ばしてみる!

イラスト背筋を伸ばす

「これまで、連載『迷い世代の服選び』を通して、実に多くのお悩みにお答えしてきました。40代を過ぎると、体の気になる部分が増えてきて、数年ごとに新たな変化が現れます。ウエストにお腹、二の腕、お尻……、そして50代は、姿勢が少し悪くなったかな?と感じる世代でも有ります」。

“変化”に気付くことから、キレイになれる!と、いつも私たちを励ましてくれるおおさわ千春さん。ところが、「猫背を洋服でカバーしたい」という問いかけには、黄色信号を点します。

「ファッションを工夫したい、という思いは自分の欠点と向き合うことにつながります。たとえそれが“お悩みカバー術”だったとしても、自分なりに変化し、ファッションを進化させていけるのだったら、それは大賛成です。ですが、もし“猫背をどうにかしたい”と感じたら、一度ご自身の生活習慣や意識も、振り返ってみてほしいと思います。女優さん、タレントさんを見てください。少しふっくらされていても、背中が丸くなっている方はいませんよね? 常に人から見られているという緊張感もありますが、きっと自信をもって仕事をされて、前かがみになっている時間がないのではないでしょうか」

内側から出てくるポジティブな自信は、お洒落の特効薬になる、とおおさわさん。

「まずは、ウエストから上を1cmでも、2cmでも伸ばそうという気持ちが大切です。ウインドーを見て、肩を後ろに引き、首を伸ばして颯爽と歩いてみてください。気持ちが凜としていたら、きっと何を着ても格好よく見えるはずですから」

 

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading