美容・健康

アウトドアライフを満喫する髙田万由子さんが、アスタリフトの新商品をお試し!

毎月ビューティーアンバサダーが、話題の美容新商品をお試し。それぞれの視点から語られるレビューや、美しく輝き続けるための美容秘話は必読。今月のビューティアンバサダーは、女優の髙田万由子さんです。

「アウトドアライフを満喫するために強力な日焼け止めと最新の美白ケアは欠かせません」―髙田万由子さん

アスタリフト ホワイト

商品詳細は次ページ

同世代で肌がきれいな人には、つい目が行きます。特に「色の白いは七難隠す」と昔からいわれているとおり、抜けるように白く透明感のある肌は美しさの象徴。美意識の高さや日頃のお手入れの賜物ですね。私も、美白ケアには投資したいと常々思っています。

1年を通してファンデーションの色を変えなくてすむ程度におさまるよう、心がけています。

そうはいっても昔からマリンスポーツが好きで、時間があれば家族で海に行き、釣りを楽しんでいます。「太る、太る」といいながらケーキバイキングに行くのと同じで、「焼けたくない」といいつつ、太陽の下に繰り出すんです。

ただそのぶん、日焼けには細心の注意を払いますね。デコルテから上は強力なUVケアをくまなく、すり込むように塗ります。鼻の頭、耳、うなじ、襟の際は要注意です。

サングラスをかけるので、跡が残らないよう、目の下も念入りに。そして1時間に1回は必ず塗り直します。

街の中でもUVケアは携帯電話と同じくらいすぐ取り出せるよう持ち歩いて、気がついたときにいつでも使えるようにしています。

そこまで徹底しても、残念ながら100パーセント防ぐことはできませんが、それでも、1年を通してファンデーションの色を変えなくてすむ程度におさまるよう、心がけています。

美白ケアは効果を実感するまでにどうしても時間がかかりますが、何もしないでいたら坂道を転げ落ちるように肌のトーンが落ちてしまいますよね。少しでもブレーキをかけたいという思いで、お手入れに励みます。

「瞬く間に浸透して化粧のりのいい、つるつるの肌に。使い続けたくなる美白美容液です」

夏の終わりに、肌が春先と同じトーンであれば、相当効き目があったということになると思います。

この「アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト」は肌がゴクゴク飲み込んでいくようなスピーディな浸透感が心地いい。

そして何より驚いたのは、ゆで卵をむいたときのように、一瞬にして肌がつるつるになること。ピンと膜が張ったような質感に整うので、お化粧ののりがすごくよくなります。

こうした瞬時にわかる手応えがあると、使い続けたくなりますし、これからの肌が楽しみに。継続使用が鍵を握る美白ケアには大切なポイントだと思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading