美容・健康

ケロイドは体質だから治らない?実はそうではありません!専門外来で聞きました

知っておきたい! 頼りになる専門外来 治療を続けているのによくならない、今の治療効果に満足していない――。このような悩みを抱える人は少なくありません。こんなときに頼りになるのが「専門外来」です。一般外来ではなかなか受けられない個別性の高い治療が期待できます。 記事一覧はこちら>>

ケロイドの診断と治療法を確立し、“不治の病”から“治せる病気”に

傷あとがなかなか治らず、そのうち赤く盛り上がってくるケロイド。見た目がとても気になり苦痛を強いられます。「ケロイドは体質だから治らない。一生つきあっていく病気だ」といわれていますが、実はそうではありません。年間2000人弱の新規患者を受け入れ、薬物療法を中心にケロイドを治してくれる専門外来をご紹介します。

小川 令先生

日本医科大学付属病院 形成外科学教室・主任教授
小川 令(おがわ・れい)先生
1999年日本医科大学卒業後、同大学形成外科入局。米国ハーバード大学形成外科研究員を経て2015年より同大学形成外科学教室主任教授。熱傷・瘢痕拘縮・ケロイドなど傷あとの治療を専門とする。日本形成外科学会評議員、日本形成外科手術手技学会理事をはじめ、さまざまな学会の役員、国内外の医学雑誌の編集委員を数多務める。『きずのきれいな治し方』『瘢痕・ケロイドはここまで治せる』など著書多数。公益社団法人 顔と心と体研究会理事。趣味は音楽、ドラム演奏など。

ケロイドとは?

傷を治すために炎症反応が起きるが、その状態が過剰に続くと、傷のある部分にコラーゲン(膠原線維)が蓄積されて赤く盛り上がってくる。これがケロイドや肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)といわれるものだ。

肥厚性瘢痕は傷の周りに炎症が拡大することはないが、ケロイドはもともとの傷の範囲を超えて正常な皮膚にも炎症が広がっていく。また、痛みやかゆみを伴うことも多い。

ケロイドの原因は?

ケロイドを起こす炎症反応が過剰に続く原因は不明。体質によることが多いため、手術やけがなどの大きな傷だけでなく、ニキビや虫刺されなどの小さな傷からもケロイドや肥厚性瘢痕を起こす。

ケロイド外来とは?

ケロイドや肥厚性瘢痕を専門的に診察・治療する外来のこと。この病態は昔からよく知られていたが、根治させる治療法がなかったので、近年まで「不治の病」といわれてきた。

2006年、「瘢痕・ケロイド治療研究会」が発足し、日本においても診断や治療法に関する本格的な研究が始まった。昨年7月に同研究会から『ケロイド・肥厚性瘢痕 診断・治療指針 2018』が出版され、この疾患を一般的に診療できる環境が整いつつある。

こんな悩みは専門外来へ!

●皮膚科などを受診したが、「治療できない」「これ以上よくならない」といわれた
●ケロイドによる痛みやかゆみに悩まされている
●傷あとが目立ち、見た目を何とかしたい
●開腹手術を受ける予定だが、傷あとの予防法を知りたい
●ケロイドを取り除く手術を受けたい

次のページで詳細をご説明します。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading