美容・健康

2025年万博 開催決定!大阪から未来の健康づくり「10歳若返るパビリオン」構想も!?

大阪ウエルネス革命 第1回(全5回) 2025日本万国博覧会の開催が決定し、熱い視線と大きな期待が集まる大阪。世界中で長寿化が進行する中、万博では「健康」が重要なテーマの一つです。そして“粉もん”文化が浸透する食の街でも今、低糖質化への挑戦が始まっています。ゆるやかな糖質制限食で、より美しく、健康寿命を延ばす。万博に向け、大阪の食はさらに進化し続けます。

山田 悟先生と森下竜一先生

右/ゆるやかな糖質制限食で本物の美しさと健康寿命を追求する
山田 悟先生
左/最新アンチエイジング医学で健康先進国ニッポンを目指す
森下竜一先生

【対談】人生100年時代をいかに健やかに生きるか
大阪から世界に向けて未来の健康づくりを発信する

山田 2025日本万国博覧会の開催地が大阪に決定しました。おめでとうございます。森下先生は万博基本構想委員をお務めで、誘致活動にも尽力されました。

森下 ありがとうございます。1970年に開催された大阪万博から実に55年ぶりの開催となります。前回の万博当時、私は8歳で岡山から特急つばめに乗って向かいました。

大きな話題をさらった“人間洗濯機”をはじめ“携帯電話”や“動く歩道”などの最先端技術に目が釘づけになった思い出があります。あのときのように心がわくわくする体験がもう一度できるのかと今から本当に楽しみです。

大阪 大阪城

山田 今度は観る側から仕掛ける側に回られるわけですね。2025万博のコンセプトについてくわしく教えてください。

森下 今回は大阪市湾岸部の人工島・夢洲(ゆめしま)が会場です。「いのち輝く未来社会のデザイン」というメインテーマのほか「多様で心身ともに健康な生き方」と「持続可能な社会・経済システム」がサブテーマです。

これらのテーマのもと人工知能(AI)など近未来の最新技術を駆使した体験型パビリオン(展示館)が並ぶでしょう。

森下竜一先生

「入館するだけで10歳若返るパビリオン。誰もがわくわくする健康体験を提供したい」―森下竜一先生

山田 日本だけでなく世界中で長寿化が進行する中、万博においても“健康”は重要なテーマの一つに位置づけられているのですね。

ちょっと気の早い話かもしれませんが、健康分野ではどんなパビリオンのアイディアをお持ちですか。

森下 はい、パビリオンの全体デザインはこれからですが、抗加齢医学を専門としている立場から“10歳若返るパビリオン”を作ってみたいと思っています。

山田 それはとても面白い。健康寿命を延ばすことに関心の高い成熟世代には特に喜ばれそうです。

森下 パビリオンの入場ゲートにチケットをかざした瞬間からその人が何か体験するたびに、腕などに装着して利用するウェアラブルデバイスに生体データが蓄積されていって、エネルギー摂取量や消費量、さらには運動量などもわかるようにしておく。

こういう行動をすれば自分が若返るということを来館者に体感してもらい、日常生活に戻ってからも、その行動が継続できる仕掛けにしたいのです。

山田 万博のサブテーマである「多様で心身ともに健康な生き方」に対して来館者の気づきや行動変容を促すのですね。

森下 そういうことです。

山田 悟先生

「“健康食はおいしくて当たり前”の世界観を、2025万博と共有したい」―山田 悟先生

大阪 道頓堀

大阪万博開催決定に道頓堀も歓喜に沸いた。

次のページで詳しく紹介します。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading