美容・健康

梅沢富美男さん・池田明子さん夫婦はこう乗り越えた「男の更年期・女の更年期」

男の更年期 女の更年期 第1回(全6回)

男の更年期 女の更年期 50代は、女も男も輝きながらワンランク上の人生を謳歌する、黄金の人生のスタート地点です。だからこそ、ホルモンの力を高め新たな挑戦や夢の実現に向かうエネルギーを充満させたいーー。今は医学の力や、代替療法などでホルモンの分泌をコントロールし、ご自身が快適に生きる選択が可能に。人生設計に合わせ、体とのつき合い方を考える時です。

梅沢富美男さん池田明子さんご夫妻の場合

梅沢富美男さん池田明子さんご夫妻

全力で走り続ける日々を植物成分の力が支える

“妖艶な女形”の代名詞である梅沢富美男さんは67歳。座長を務める劇団の舞台は常に満員御礼。50歳頃から多才なタレントとして人気にいっそうの拍車がかかり、テレビでも大活躍中です。

奥さまの池田明子さん(61歳)は、植物成分の力を活用して心身の健康を図るフィトセラピスト(植物療法士)。49歳で講師養成の学校を立ち上げ、介護現場での認知症予防にもかかわっています。

それぞれ分野の異なる仕事に邁進するご夫婦ですが、共通点は、ホルモン量の低下する更年期からの躍進が目覚ましく、仕事の幅を新たに広げていること。そして60歳を過ぎてさらに加速度を増し、全力で走り続けていること。

「舞台で踊り、演じること自体が若さの源」(梅沢さん)、「仕事が生きがい。全国を飛び回っています」(池田さん)と語るお2人は、ハーブティーやアロマで取り入れる植物成分で心身の不調を和らげ、明日への活力を生み出しています。

ご夫妻のもう1つの習慣は、愛情ホルモンのオキシトシンが分泌されるハンドケア。くつろぎ、触れ合う時間の中で活性化されるお2人それぞれのホルモンが、「相手のためにも自分が元気でいたい」と望むご夫婦の今を支えています。

“愛情ホルモン”の分泌を促すハンドケア

“愛情ホルモン”の分泌を促すハンドケア

互いへの信頼が深まるハンドケアは、夫婦の大事なコミュニケーションツール。

手のマッサージは皮膚、関節・筋肉、循環系、神経系や脳に働きかけ、安心感や自己重要感を高めるなど体と心によい作用をもたらす。

オキシトシンというホルモンが分泌され、2人で行えば、受ける側と行う側の両方に、相手への信頼や親近感を高め、双方の自律神経が整うことが証明されている。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading