美容・健康

髪のプロに聞いた!華やかなヘアを演出したいとき、プラスひと手間のドライヤーテクニック

サロン・ド・リジュー 永本羚映子さんに聞く、大人の髪悩みは、ドライヤーで解決!第3回【最終回】

季節ごとに肌悩みがあるように、髪や頭皮にもその時季ならではのトラブルがあります。

年齢を重ねるに従って、それはますます大きな悩みの種に。けれどそんな髪と頭皮の悩みが、ドライヤーでかなり解消できるということは、意外と知られていません。

ケア専門のヘアサロン「サロン・ド・リジュー」の代表・永本羚映子さんに、3回にわたり、季節の髪悩みを解決するためのドライヤーテクニックを伺いました。

第1回 湿気で髪がまとまらないときの簡単ドライヤーテクニック
第2回 頭皮の蒸れやかゆみが気になるときの簡単ドライヤーテクニック


ながもと・れえこ●1961年東京生まれ。サロン・ド・リジュー代表、毛髪診断士。2002年、アンチエイジングの観点からヘアケアとスカルプケアに特化した専門サロンをオープン。現在はサロン運営のほか、髪と頭皮のための商品開発なども行う。

大人の髪悩み Vol.3
加齢によるハリ、コシ、つやの衰えも、スタイリング次第で見違える

若い頃は扱いにくくて困っていたじゃじゃ馬な髪も、気づけば年々細く、弱く、コシがなくなってきているように感じます。

そしてつやもなくなってきたような…。若い頃よりヘアに負担をかけていないはずなのに、これは何故なのでしょう?

「女性ホルモンのエストロゲンは年齢とともに減少し、甲状腺ホルモンも減少していますから、頭皮のコラーゲン生成を促進する働きが弱まったり、毛髪の成長周期が短くなったり、毛母細胞に十分栄養が行かなくなっていったりします。

一方で男性ホルモンが活発になって抜け毛が増える傾向も。また長年にわたりカラーリングやパーマをかけていたり、紫外線の影響、大気汚染の影響、そして食生活や睡眠などの生活リズムの乱れ、ストレスなどが蓄積していくと、髪のダメージとして現れてくるのです」

写真/PIXTA

スキンケアと同じように、髪にもいたわりとお手入れを

今からでも改善できることはあるのでしょうか?

「もちろん、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂ること、体内に蓄積している有害重金属をデトックスすること、頭皮マッサージを行って血行をよくすること、トリートメントで髪の内側に栄養を届けたり、ドライヤーをかける前に髪をオイルでしっかり保湿することなど、頭皮ケアからインナーケアまで対策はたくさんあります。

健康や美肌のためにいいことは頭皮や髪にもいいことばかりですから、当たり前のようですが日々の暮らしを大切にすること、そしてスキンケアと同じように髪もケアすることですね」

とはいえそれには根気がいりそう。食事会やパーティ、同窓会など、“明日、絶対若々しく、華やかに見せたい!”というときのためのテクニックを、永本さんに伺いました。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading