美容・健康

人格の変化や非常識な行動も。働き盛りに発症することが多い「前頭側頭型認知症」とは?

長谷川父子が語る認知症との向き合い方・寄り添い方 第8回 頻度は高くないものの、認知症の人が反社会的行動を繰り返すことがあります。こうした行動の多くは働き盛りに発症する「前頭側頭型認知症」が原因です。このタイプの認知症は初期に記憶障害がそれほど見られないこともあり、本人も家族も気づかず、反社会的行動によって初めて見つかる人もいます。前回の記事はこちら>>

反社会的行動を繰り返す

長谷川 洋さん

長谷川 洋(はせがわ・ひろし)さん
長谷川診療所院長。1970年東京都生まれ。聖マリアンナ医科大学東横病院精神科主任医長を経て、2006年に長谷川診療所を開院。地域に生きる精神科医として小児から高齢者まで、さまざまな精神疾患の治療とケアに従事。聖マリアンナ医科大学非常勤講師、川崎市精神科医会理事、神奈川県精神神経科診療所協会副会長などを務める。長谷川和夫さんの長男。

写真提供/長谷川 洋さん

長谷川 和夫(はせがわ・かずお)さん
認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長。1929年愛知県生まれ。1974年、認知症診断の指標となる「長谷川式認知症スケール」を開発。「パーソン・センタード・ケア」の普及に力を注ぎ、認知症ケアの第一人者としても知られる。「痴呆」から「認知症」への名称変更の際も尽力。2017年に自らの認知症を公表し、社会的反響を呼ぶ。2021年11月13日逝去。享年92。

人格や社会性、言語能力が失われる前頭側頭型認知症

認知症の人の家族の困り事の一つにその人が反社会的行動を繰り返すことがあります。よく見られるのは店頭の商品をそのまま持ち帰ってくる、いわゆる万引き行為です。また、痴漢行為をする人もいます。いずれの場合も本人に罪悪感はありません。

認知症の人が反社会的行動を起こす頻度は決して高くありませんが、困っているご家族は多いものです。このような行為に及ぶのは認知症のせいです。なかでも原因となるのは「前頭側頭型認知症」と呼ばれる神経変性疾患に分類される認知症で、国の指定難病になっています。

このうち脳の神経細胞に球状物が見られるものを「ピック病」と呼び、全体の7~8割を占めます。40~60代の働き盛りに発症することが多く、男女差はないといわれています。

原因は解明されておらず、最新の研究ではタウたんぱくやTDP-43、FUSと呼ばれる異常たんぱく質が脳の前頭葉や側頭葉の神経細胞に蓄積することが発症に関与していると考えられています。

このことにより脳が萎縮するため、前頭葉が司る「人格、社会性、言語」、側頭葉が司る「記憶、聴覚、言語」といった機能が正常に働かなくなり、この機能に由来する特徴的な症状が表れます(下表)。

前頭側頭型認知症の特徴

前頭側頭型認知症の特徴

難病情報センターHP、大阪市『前頭側頭型認知症&意味性認知症 こんなときどうする! 保存版』などを参考に作成

前頭側頭型認知症の初期に万引きのような反社会的行動が見られることがよくあります。これは病気のせいですが、周りは気づかないことも。このような行動がきっかけで認知症が見つかる人もいます。──洋さん

万引き行為や痴漢行為などの反社会的行動を起こすのは前頭葉の機能が低下して社会性が欠如してしまうからです。

前頭側頭型認知症の主な症状には、社会性の欠如のほか、同じことを繰り返す、定刻に基づいた生活をする、食べ物にこだわるといった特徴があります。また、感情が鈍くなり、他人に共感できなくなるため、無遠慮で身勝手とも思える行動をとるようになります。さらに、暴力をふるう、度を越した悪ふざけをするなど自制も利かなくなります。

このタイプの認知症がやっかいなのはアルツハイマー型認知症のように物忘れ(記憶障害)などの症状が最初はそれほど見られず、人格の変化や非常識な行動のほうが目立つため、本人も家族も認知症の疑いを持たず、発症に気づきにくいことです。前頭側頭型認知症を疑うポイントは特徴的な症状と重なります。

これまでの本人の所業からは考えられないような反社会的行動をするようになったときは要注意です。この認知症の性質上、本人には病気の自覚がないため、家族が「おかしい」と感じたら早めに受診をすすめることが肝心です。とはいえ、実際に受診させるのは難しい場合が多いので、まず家族が精神科や神経内科に相談することも考えましょう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading