美容・健康

10年間我慢するのはもったいない! 更年期の症状には、自分に合う対処法を

天野惠子先生のすこやか女性外来 第2回(01) 今回は、女性ホルモン・エストロゲンの急激な減少によって「体に生じる更年期症状」を取り上げます。まず起こりうる症状と自分の不調の程度を知り、対処法・治療法にも目を向けましょう。“我慢せず、積極的に治す習慣”は今後の健康維持にもきっと役に立つはずです。

更年期の症状/体の不調
だるさ、頭痛、冷え、動悸も。更年期の不調は全身に

天野惠子(あまの・けいこ)先生
天野惠子先生

静風荘病院特別顧問、日本性差医学・医療学会理事、NPO法人性差医療情報ネットワーク理事長。1942年生まれ。1967年東京大学医学部卒業。専門は循環器内科。東京大学講師、東京水産大学(現・東京海洋大学)教授を経て、2002年千葉県立東金病院副院長兼千葉県衛生研究所所長。2009年より静風荘病院にて女性外来を開始。

時期が過ぎれば治まる症状も多いけれど
「10年間、我慢するのはもったいない。自分に合う対処法を見つけましょう」── 天野惠子先生

エストロゲンの減少が及ぼす健康への影響は、心身の不調として自覚するいわゆる更年期症状と、骨や血管の老化のように自覚のないまま進み、年を重ねてから表に出てくる変化の2つに分けられます。

エストロゲンの減少によって生じる諸症状
エストロゲンの減少によって生じる諸症状

前者の自覚症状は時期が過ぎれば治まるものも多いのですが、10年にも及ぶ不調をただ我慢し続けるのはもったいないこと。一昔前と比べると治療法は格段に進歩し種類も増え、症状の程度や体質に合わせて選ぶことができます。

自分の不調の程度をチェックして、主治医の指示のもと対処法・治療法を積極的に試してみましょう。

次回は、自律神経の乱れなどで生じる身体症状について詳しくご紹介していきます。

天野惠子先生のすこやか女性外来

1「更年期は女性の体の“変化のはじまり”」
1−1 更年期と“その後”の元気のために、体の変化を知りましょう
1−2 女性の健康の守り神・エストロゲンがゼロになったら、生活習慣で補いましょう
1−3 更年期の不調や病気予防に! 女性医療の先駆者が教える生活習慣の「基本5か条」
1−4 女性外来を訪ねて「伊豆美レディスクリニック」

2「だるさ、頭痛、冷え、動悸も。更年期の不調は全身に」
2-1 10年間、我慢するのはもったいない。自分に合う対処法を見つけましょう
2-2 自律神経の乱れなどで生じる身体症状(6/22公開予定)
2-3 不調の程度を知り、適切な対処法を(6/29公開予定)
2-4 女性外来を訪ねて(7/6公開予定)

撮影/鍋島徳恭 イラスト/佐々木 公〈sunny side〉 取材・文/浅原須美

『家庭画報』2022年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading