美容・健康

新連載「天野惠子先生のすこやか女性外来」がスタート。更年期の体の変化を知りましょう

天野惠子先生のすこやか女性外来 第1回(01) 日本の女性医療、性差医療の先駆者で、ご自身の更年期体験も山ほどお持ちの、天野惠子先生の新連載「すこやか女性外来」がはじまります。女性たちが更年期とそれ以降の人生を元気に過ごせますように─と。1回目は、更年期に生じる体の変化を閉経前との比較で教えてくださいます。

今の過ごし方を変えれば、明るい未来が待っている
更年期は女性の体の“変化のはじまり”

天野惠子(あまの・けいこ)先生
天野惠子先生

静風荘病院特別顧問、日本性差医学・医療学会理事、NPO法人性差医療情報ネットワーク理事長。1942年生まれ。1967年東京大学医学部卒業。専門は循環器内科。東京大学講師、東京水産大学(現・東京海洋大学)教授を経て、2002年千葉県立東金病院副院長兼千葉県衛生研究所所長。2009年より静風荘病院にて女性外来を開始。

「更年期と“その後”の元気のために、体の変化を知りましょう」─天野惠子先生
新たな人生のステージへ踏み出す準備をはじめよう

「更年期にはいずれ終わりが来る」と漫然と過ごしていませんか? たしかに閉経の前後5年ずつ合計10年間を意味する期間としての「更年期」は必ず終了し、同時にその時期特有のつらい症状も治まります。

しかし、覚えておいてほしいのは、女性にとって本当の“試練”がやってくるのは更年期以降だということです。

なぜなら閉経とともに女性ホルモン・エストロゲンの庇護がなくなり、動脈硬化や骨粗しょう症など健康寿命にかかわるさまざまなリスクが高まるからです。

更年期を単なる通過点ではなく新たなステージへの出発点ととらえ、後半の人生に向けて踏み出す準備をはじめましょう。

大きな変化がはじまる。恐れず、気を抜かず

大事なのは、自分の体がどう変わるのかを正しく知ることです。閉経を境に女性は「産む性」としての機能を失います。

恐れず、無理せず、そして気を抜かず。ときには医療の力も借りて、女性たちが更年期と“その後”をすこやかに過ごすお手伝いをさせていただきます。

撮影/鍋島徳恭 取材・文/浅原須美

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading