美容・健康

北里大学 山岡邦宏先生に聞く “関節リウマチ”通院の不安も負担も軽くなる、はじめての「オンライン診療」

出かけるのは心配、受診は大事。そんなジレンマを解消する「オンライン診療」

自宅に居ながらスマホやタブレットなどの画面越しに診察を受けられる「オンライン診療」。「感染リスクの高い関節リウマチの患者さんにとってメリットは大きい」と専門医も期待を寄せています。興味はあるけれど不安もあるというかたも、まずはその仕組みや上手な利用法を知っておきましょう。それが“はじめてのオンライン診療”への第一歩です。

「患者さんに、ストレスの少ない診療環境を提供したいのです」山岡邦宏先生

オンライン 診療 北里大学医学部 膠原病・感染内科学 主任教授山岡邦宏先生山岡邦宏先生●産業医科大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科准教授等を経て、2018年より北里大学医学部膠原病・感染内科学主任教授。日本内科学会認定総合内科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医ほか。

オンライン診療で減らせる、感染リスクと通院の負担

通院に伴う負担を減らす新たな診療の形として、少しずつ知られてきた「オンライン診療」。コロナ禍で一気に注目度が上がり、取り入れる医療機関も増えています。

特に関節リウマチの患者さんにとっての利便性は大きい、と指摘するのはリウマチ専門医で北里大学医学部主任教授の山岡邦宏先生です。

「免疫を抑制する薬を使っていると感染のリスクが高くなり、患者さんは公共交通機関の利用や病院の待合室で長時間過ごすことに大きな不安を感じています。また治療期間は長期にわたり、ご家族の付き添いが必要な高齢者も多く、時間的・身体的負担は決して少なくありません。オンライン診療は、このような患者さんやご家族の不安、ストレスを減らせる点でメリットがあると考えます」

オンライン診療のメリット 移動中や病院内での感染リスクが減る通院時間や診察の待ち時間が省ける 長期にわたる治療も無理なく続けやすい リラックスして主治医と話すことができる 通院のための交通費が節約できる 旅先や海外からでも受診が可能

自宅で主治医の顔を見ながらリラックスして受診

実際にオンライン診療を利用した患者さんの感想もおおむね好意的です。

感染を心配する必要がない、待ち時間が減った、受診時間を自分の都合に合わせやすいなどのほか、自宅で主治医の顔を見ながらのやりとりなので電話診療より安心感が得られ、病院よりもリラックスして話せる、といった声も聞かれます。

「主治医というのは、症状はもちろん心配ごとや疑問に思うことは何でも気軽に相談してほしいものです。患者さんが心情的に話しやすくストレスの少ない環境で受診できるのは、医療者の立場からも安心で望ましいことです」(山岡先生)

オンライン診療の手順お手持ちのスマホやタブレット、パソコンからアプリまたはブラウザでの受診が可能。事前に必要な情報を登録してから行う。1 予約 診察を受ける日時を予約する2 診察オンライン診療を受ける3 支払いクレジットカード等で決済を行う4 薬の受け取り処方箋は薬局または患者宅に送付。処方薬の宅配も可能

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading