美容・健康

美容業界のサステナビリティ “使い捨てられない名作”を創るゲランの挑戦

最高峰美容の“今”〈サステナビリティ〉

美しさは新しいステージへ 私たちが輝く最高峰スキンケア 第2回(全8回) 先進の研究をベースにした頼もしい効果に、五感を満たす洗練を極めた使い心地まで、これまで最高峰と呼ばれてきたスキンケアが新しいステージへ進化を遂げています。“多様性”が支持される時代を背景に、より倫理的で、若返りを超えたスキンケアへ。最高峰美容の最新情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

【GUERLAIN(ゲラン)】
「サステナブルな開発とラグジュアリーが融合した新時代の傑作を提案します」

ゲラン

プレミアムスキンケア、オーキデ アンペリアルブラックでは、仏リモージュの名窯「ベルナルド」と磁器製の芸術的なジャーを製作。リフィルの使用さえも上質を楽しむ喜びへと昇華。

全方位360度の取り組みでブランドの哲学を体現

2015年の国連サミットで開発の指針、SDGsが掲げられ、サステナビリティは変革期を迎えました。しかし、ゲランはその遙か以前、14年前から本格的な取り組みをスタートしています。

「ゲランの魂であるフレグランスを作るうえで、上質な花々や天然成分はかけがえのないもの。自然保護はブランドの核であり哲学です。スキンケアにおいても、『オーキデ アンペリアル』のデビューに先駆け、オーキッドという貴重な植物を守るため、中国雲南省の自然保護区域の活動をサポートしてきました。スイスの実験的ガーデンでは希少種の保護や研究も進めています」と、ジュリアン・オッテンヴァルター社長。

取り組みの対象は360度におよび、工場からパリへの製品輸送には電動トラックを使用。新たなスキンケア製品は全品90%以上を天然成分にと、すでに素晴らしい成果を収めています。

「目標は、ラグジュアリーとサステナビリティの融合です。環境に配慮しながら、高い品質と芸術性を叶えること。名窯『ベルナルド』と創り上げた容器はその一例です。使い捨てを禁じるのではなく、使い捨てられない名作を創ることで、より素晴らしい未来を実現していきます」

ジュリアン・オッテンヴァルターさん
ジュリアン・オッテンヴァルターさん

ゲラン 代表取締役社長。2001年、パルファン・クリスチャン・ディオール入社。2012年よりLVMH社のパリやアメリカ、ドバイで、高級フレグランスのマネージング ディレクターを歴任する。2020年8月、ゲラン日本法人の代表に着任。

取材・文/近藤須雅子

『家庭画報』2021年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading