美容・健康

尿失禁や腟のゆるみを改善する「骨盤底筋群治療」とは?アンチエイジング医療の最前線

アンチエイジング医療 家庭画報世代の新常識 第4回(全6回) 老化のスピードを緩やかにして健康的に若々しい体と見た目を保ち、幸せを感じながら生きること。それが幸福長寿を目指す究極のアンチエイジング医療です。ここでは、そんな思いを叶える最前線の治療法をご紹介します。前回の記事はこちら>>

骨盤底筋群治療

着衣のまま座るだけで尿失禁や腟のゆるみを改善

40歳以上の4割強の女性が経験するといわれる尿失禁。その原因は、膀胱や尿道、子宮といった骨盤内の臓器を支える骨盤底筋群(下の図の赤い部分)という筋肉の緩みにあり、改善するには骨盤底筋群の筋力をつけることが大切です。

「ただし、骨盤底筋群は3層の筋肉で構成されており、意識して動かすことが難しい部位です。効率よく鍛えるには、磁気装置での治療がおすすめです」と中島知賀子先生。

「アイムビューティーメディカルクリニック」では、磁力を応用した椅子型の機器「エムセラ」による治療を提案。着衣のままエムセラに座るだけで、筋トレでは到達できない強力な筋収縮によって、骨盤底筋群が鍛えられます。

「治療時間は1回約30分。週1、2回の間隔で6回行うと60パーセントのかたが尿失禁の改善を実感されます」。

骨盤底筋群を鍛えるとは?

●治療前

骨盤底筋群治療
骨盤底筋群が緩むと、膀胱など骨盤内の臓器を支えられず尿失禁が起こる。

●治療中

骨盤底筋群治療
人体に安全な磁気刺激を与えて効率的に骨盤底筋群を鍛える。

●治療後

骨盤底筋群治療
この刺激を繰り返すことで、排尿に影響する骨盤底筋群が鍛えられる。

骨盤底筋群治療
治療用の椅子に、着衣のまま座るだけという手軽さが魅力。

骨盤底筋群治療
強度は変更可能。施術中ピリピリした刺激はあるが、痛みはない。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading