美容・健康

進化するヘア家電で理想の髪形に!女優の仙道敦子さんと一緒に習得しましょう

理想のヘアスタイルを諦めない 第1回(全7回) 髪質や毛量が変化し、スタイリングにてこずることが多くなる家庭画報世代。ヘアケアにこだわり、スタイリング剤を駆使してもなかなか思いどおりにいかない現状を解決してくれるのが最新の高機能ヘア家電です。その使いこなし方を女優の仙道敦子さんと一緒に習得しましょう。

理想のヘアスタイル

もとはストレートボブの仙道さん。カールアイロンのひと手間を加えたスタイリングで、柔らかなニュアンスヘアに。スタイリングの詳細はこの連載の第4回でご紹介します。
トップス17万9300円 パンツ25万3000円/ともにジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン) ピアス55万円 ネックレス86万1300円 同172万7000円/すべてTASAKI

「今、ヘア家電が、使いやすく髪をいたわるものに進化しています。味方につければ、毎日思いどおりの髪型を維持できる時代に」── ヘア&メイクアップ アーティスト 森川丈二さん

「ヘア家電の性能や操作性はどんどん向上しています。扱いが難しい印象のヘアアイロンも、ムラなく熱を伝え、短時間で容易にスタイリングができるうえに、安全面も工夫されて、とても使いやすくなりました」と語るのは、今回使い方を教えてくださったヘア&メイクアップ アーティストの森川丈二さん。

「髪にダメージを与えそう、テクニックが難しそうというイメージは過去のもの。最新のヘア家電は熱ダメージを抑え、髪の潤いを守りながら素早くきれいに仕上げてくれますので、理想のヘアスタイルを叶えながら、よりなめらかな艶髪を手に入れることができます。トップの髪が立ち上がらない、うねって広がる、毛先がパサついて跳ねる、そうした悩みを抱えている大人世代こそ、ヘア家電を上手に活用してほしいです。これは、スマートフォンと同じで慣れが大切です。使い始めは戸惑っても1週間もすればこなれてきて、毎日お洒落を楽しめるようになりますよ」。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading