美容・健康

不自然な顔にならない? 効果はどの程度続く?「ヒアルロン酸リフト」治療の体験記

STOP! マスク老化! 第5回(全8回) マスクをつけて過ごす日常が1年半を過ぎようとしています。あちらこちらから「顔がたるんだ、老けた」という声が聞かれますが、原因はマスク生活なのでしょうか? 一方でワクチン接種が進み、笑顔で人と会える日が戻ってくる期待感も出てきています。“その日”が訪れる前に、気になる老化にブレーキをかけ、すっきりした顔を取り戻しましょう。前回の記事はこちら>>

美容医療で“マスクの内側”のお悩みを解決

たるみをストップさせるだけでなく、大きな改善を目指すなら、解決法があるのは治療現場である美容クリニックかもしれません。メスを使わず、ダウンタイムもほとんどない4つの治療法をご紹介します。

ノンフィクション作家 工藤美代子さんが、ヒアルロン酸リフトの治療を体験しました

工藤さんアフター

ノンフィクション作家。1991年『工藤写真館の昭和』(朝日新聞社)で講談社ノンフィクション賞受賞。「新しい注入法は自然な仕上がりで、年齢を重ねても問題なくできると実感しました」。

家庭画報本誌2021年4月号で、3年前の眼瞼下垂手術の経過を報告してくださった工藤美代子さん(眼瞼下垂手術の記事はこちら>>)。まさにマスクで隠れていた部分のエイジングが進んだ気がすると、再び聖心美容クリニックを受診しました。

「目もとがくっきりとした分、対比もあるのかもしれませんが、頰のたるみ、ほうれい線が気になります」と話す工藤さんに、「マスク生活では、内側が蒸れてマスクを外したときに一気に乾燥が進むので、老化も進行しやすい」と皮下の状態まで触診で確認する鎌倉先生。

工藤さんビフォー

痛みに弱い工藤さんに提案したのは、ヒアルロン酸注入で行うリフトアップ治療。

顔が不自然にならないか心配する工藤さんに「昔はボリュームがなくなった部分に注入する方法が盛んだったのでそのような例も見かけましたが、最新の注入法は皮下の構造の変化に合わせて粘度の異なるヒアルロン酸を注入し、自然にリフトアップができます」と詳しく説明。

注入前の麻酔クリームで痛みの不安も解消し、治療に進みました。

注入部位と効果を確認し、椅子に座った状態で注入
カウンセリング

頰のたるみをなくすには、こめかみから引き上げ、結果フェイスラインもすっきりするという理論をわかりやすく説明。

ヒアルロン酸を注入

フェイスラインの骨膜の上に粘度の高いヒアルロン酸を点々と注入。広がらないように指で軽く押さえて美しいラインを整えていく。

この治療法の特徴は、ヒアルロン酸で顔の立体感をつくっていくこと。

「顔にはたるみやすい部分とそうでない部分があります。顔の“縁”である髪の生え際から耳の前にかけては、たるみにくい部分。ここにヒアルロン酸でしっかりした“土台”をつくってあげると、顔の下半分の頰からフェイスラインが引き上がるのです」。

すぐに効果がわかる満足度の高い注入治療
すぐに効果がわかる満足度の高い注入治療

工藤さんが手で触れているフェイスライン、さらにあご先に注入したことで、たるみに程よいテンションがかかって、引き締まった輪郭が完成。現れ始めていたマリオネットラインも目立たなくなり、横顔も斜め顔も立体感のある顔立ちに。

「ヒアルロン酸を入れたことを忘れそうなほど自然な仕上がり。痛みや、心理的負担が少ないので挑戦しやすいですね」── 工藤さん

治療後すぐ鏡で確認した工藤さん。

「耳の前への注入でたるみが持ち上がったり、あごをつくることでフェイスラインがすっきりしたり。仕上がりが自然で、どこに注入したかわかりませんね」。

「ヒアルロン酸は6使いました。1本1mlで使い切らなかった分もあり合計5.2ml、約小さじ1杯分です。わずかな量ですが、顔の立体感を支える部分に少量ずつ注入することでたるみをなくせるのです」と鎌倉先生。

この仕上がりは約1年半持続するそうです。

【料金】
ヒアルロン酸注入(1本1ml)
料金:10万7800円(3本目から4万1800円)
■今回の治療費は
38万2800円(6本使用)
持続期間:約1年半

聖心美容クリニック統括院長
鎌倉達郎先生

鎌倉達郎先生

日本美容外科学会専門医。2000年に聖心美容外科(現聖心美容クリニック)に招聘され、2004年に統括院長に就任。日本美容外科学会(JSAS)理事、横浜市立大学医学部臨床教授。

Information

聖心美容クリニック

東京都港区六本木6‐6‐9 ピラミデ2階

TEL 0120‐225‐347
診療時間 10時~19時
休診日 年末年始

https://www.biyougeka.com/

  • ※完全予約制、初診料無料
    東京含め全国9院あり

    聖心美容クリニック

表示価格はすべて税込みです。

撮影/八田政玄 ヘア&メイク/AKANE(工藤さん) 取材・文/海野由利子

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading