美容・健康

黄金に輝くマッターホルン、雄大なスイスアルプス。光を捉えた「アート」と未来を考える

スイスアルプスの壮大な雪景、静けさと威厳を湛える各峰の頂。奇跡のような光景を目の前にして、心が震えない人はきっといないでしょう。

その美しさがさらなる高まりを迎えるのは、太陽が地平線へと沈み始める頃。

陽の光が山肌を染める、束の間の“ゴールデンアワー”。それは、唯一無二の美しさであり、かけがえのない瞬間です。

スイスアルプスの頂を染める“ゴールデンアワー”をアートに

黄金色に風景が染められていく一日の終わり。光は穏やかに変化し、透きとおり、輝きを放つ。

その瞬間の美をアート作品へと昇華させたのが、香港生まれのアーティスト、カーラ・チャンさん。カーラ・チャンさんにとって自然は、尽きることのないインスピレーションの源です。

アルプスの山並みが黄金の輝きによって姿を変える瞬間を、具象と抽象の間で揺れ動く感覚的なインスタレーションを用いて、ラ·プレリーとのコラボレーション作品「Space between the Light Glows(輝く光の間の空間)」で表しました。

インスタレーション作品「Space between the Light Glows(輝く光の間の空間)」より。
Carla Chan Creative process – Space Between the Light Glows, 2021

作品制作にあたり、カーラ・チャンさんはスイスの氷河と壮大なマッターホルンを一望できる山小屋「モンテローザ・ハット」で数か月間生活をし、ゴールデンアワーの輝きを捉えました。

現代的なラインとアルプスの山並みが絶妙に調和した「モンテローザ・ハット」は、ラ・プレリーが支援するETH(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)によって設計され、光を反射するアルミニウムの外壁から「ロッククリスタル」とも呼ばれている。エネルギーを自給自足していることから環境保全の象徴的存在となっている。

自然保護への取り組み

スイス発祥のラグジュアリースキンケアブランド「ラ・プレリー」にとっても、 美しい“自然”は、美意識を育むインスピレーションの源。

今回のカーラ・チャンさんとのコラボレーションにとどまらず、アート活動やブランドメッセージなどを通して、“時間を超えた美しさ”の価値を探求、発信し続けています。

そしてこの度、ラ・プレリーは次なる時代への挑戦として、自然に敬意を払い、その美しさを守る2つの持続的な取り組みを発表しました。

1.ETHの科学研究を支援

気候変動の影響を研究する世界有数の機関であるETH(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)をパートナーに迎え、氷河のリアルタイムでのモニタリングとその融解を遅らせるためのカバーリング活動、その他の科学研究を支援します。

2.ブランド初となるレフィル容器

さらに、ブランド初となるリサイクル素材を使用したレフィル容器を発売。

レフィルの価格は値下げせずに製品と同額として差額分をETHへ寄付する仕組みになっており、私たちはレフィル製品を選択することで、自動的に自然保護活動へ貢献できることになります。

環境保全の意義と奥深さを発信する新コレクション

持続可能な仕組み作りの第一歩として、ラ・プレリー初のレフィル容器を採用したスキンケアライン「ピュアゴールドコレクション」が2021年4月23日に登場。

サステナブルなラグジュアリーコレクションです。

ラディアンスコレクションを全面リニューアルして登場した「ピュアゴールドコレクション」。ゴールドに艶めく上質な金属製ケースに取り替え可能なガラス製のレフィル容器をセットし、さらにレフィル容器そのものもリサイクル素材を採用。使用後は、さらなるリサイクルが可能に。

不変の美しさを宿す、純金入りのラグジュアリーな新スキンケア

スイスアルプスの“ゴールデンアワー”にインスパイアされた新コレクションには、希少な貴金属であるゴールドに着目した「ピュアゴールド ディフュージョン システム※1」を搭載。

活力が低下した肌の再生プロセスに働きかけ、肌の立て直しをサポート。ゴールドが持つ温かみのある輝きを肌へもたらします。

さらに、ゴールドの粒子にペプチドなどの有効成分を結合させることで、肌表面で徐々にうるおい成分が放出される3段階のタイムリリースが可能に。長時間に渡って肌をうるおいで満たし、乾燥する隙を与えません。

※1 金(着色料)、ダイズイソフラボン、リン脂質、パルミトイルテトラペプチド-10(全て保湿成分)

輝く優美な肌へ「ピュアゴールドコレクション」

Information

ラ·プレリー

カーラ・チャン/Carla Chan

1989年生まれ。香港出身のアーティスト。香港城市大学クリエイティブメディア学部で文学士号を取得。映像、インスタレーション、写真、インタラクティブメディアなどの多岐にわたる手法を駆使して作品を制作する。

表示価格はすべて税込みです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading