美容・健康

明るい声が出せるだけでなく、目もパッチリに!首のツボ押しエクササイズ

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

365日美と健康のお悩み相談室

【お悩み】よく声が暗いと言われます

自分では普通に話しているつもりですが、昔からよく「声が暗い」と指摘されます。どうすれば改善できますか?

【回答】「首ツボ押し」エクササイズが有効です

「声を改善する」には、メンタルを変える必要があるように思えますが、自身も声を改善することで人生が変わったというメンタルボイストレーナーの司 拓也さんによると、メンタルを変えるよりも、まずは声を出せる体をつくることが有効だといいます。

司さんの著書『スピーチもプレゼンも怖くない!人前であがらず話せる「1分声トレ」』より、“暗い声”を改善する方法を紹介します。

まずは声を出せる体をつくる

声が小さい、ボソボソ声、声が暗い、口が開きづらい、よく聞き返される、鼻声、声がこもる、呼吸が浅い、こういった声のお悩みを持つタイプの人は、声のエネルギーである吐く息の量が圧倒的に足りていません。そのため声量がなく、声がよく聞き取れないのです。

声が弱々しいことから、何度も聞き返されたり、誤解を受けたりして、ますます話すことに苦手意識をもつようになり、やがて自分からはほとんど話さなくなる危険性があります。

また、「暗い人」「信頼できない人」というイメージをもたれ、自信も喪失してしまうスパイラルにはまっていきます。「自分はダメな人間なんだ」「何をやってもうまくいかない」など、自分の人生をあきらめている人が多いのもこのタイプ。

メンタルを変えるよりも、まずは声を出せる体をつくりましょう。呼吸がしっかりできるようになると、たくさんの息を使って声が出せ、声に力強さが出てきます。

眼輪筋を刺激してしまっていたのどを開く

覇気がなくボソボソとした暗い声や鼻声を改善するためには「首ツボ押し」が有効です。

目がぼんやりしている人は、声もはっきりしません。目のまわりを取り囲んでいる眼輪筋とのどは連係しているといわれ、目が開くとのども開き、しっかりとした明るい声が出るようになります。

首の後ろにある「風池(ふうち)」というツボは、目と鼻のツボとしてよく知られています。イタ気持ちよい程度の強さで押し、呼吸を続けながら、肺にたくさんの息が入っていくのをイメージしてみましょう。

このツボを刺激して、目がパッチリ開くと、しまっていたのども開きます。また鼻が通って空気をたっぷり吸い込めるようになるので、声を出しやすくなりますよ。

首ツボ押し

後頭部の髪の生え際にあるくぼみにあるのが「風池」です。親指をツボに当て、押し上げるように刺激します。

5秒押して3秒はなす、を3回繰り返しましょう。

また、うなじのツボは風邪にも効きます。

風池のほか、首の骨の両サイドにある「天柱(てんちゅう)」というツボは、発熱やのどの痛みなど風邪の症状にも効果が期待できるので、「風邪気味かな」と感じときにもぜひ試してみてください。

司 拓也/Tsukasa Takuya

メンタルボイストレーナー、声・あがり症改善士、ボイス&メンタルトレーニングスクール アマートムジカ校長。声だけでなくメンタルから体の不調までを整える、オリジナルの「声トレ整体」を通じて、あがり症、話し方の悩みを解消するメソッドを確立。1回のレッスンで解決するその手法は、受講者から「司マジック」「ボイトレ界のブラックジャック」ともよばれる。http://voice-amatomusica.com


イラスト/umao 撮影/西山 航 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading