美容・健康

洗顔の代わりに行うだけ。顔のむくみを短時間で解消する方法は?

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】顔がむくんでしまいます

朝が弱く、顔がむくんでぼってりしてしまいます。むくみを短時間で解消する方法はありますか?

【回答】山本浩未さんの温タオルケアがおすすめです

回答者/近藤須雅子さん(美容ジャーナリスト)

メイクアップアーティストの山本浩未さんが考案した朝の温タオルケア“スチーム洗顔”は、むくみ解消にぴったりです。

むくみ解消だけでなく、気分もすっきり、美肌ケアとしても優秀

山本さん自身、「朝、なかなかすっきりスタートできないのですが、洗顔の代わりに温タオルで顔を温めながら拭くと、血行が促され、すっきり目が覚めるし、むくみも取れます」とのこと。

「蒸気で肌がふっくら潤うので、化粧水や美容液などのなじみもぐっとよくなるんですよ。温タオルをつくるのは手間がかかって大変ですが、私の方法だと慣れたら1分もかかりません」(山本さん)。

山本浩未さん流・温タオルのつくり方

1.100℃前後の熱湯を200ml用意し、半分の100mlに同量の100mlの水を注ぎ、200mlの50℃前後のお湯にします。好みで精油を1滴たらすといい香りに。

2.厚めのハンドタオルやガーゼクロスを半分に折り、端から3分の2ほどロール状に丸め、1でつくったお湯の半分をロール部分にまんべんなく注ぎます。

3.注ぎ終えたら、タオルの残り3分の1を巻きつけ、ぎゅっと絞ります。こうすることで手が熱くならずタオル全体にお湯が行き渡ります。これで温タオルは完成。

「注ぐお湯を50℃にするのは、熱すぎることなく細胞を活性化してくれる温度だから。熱湯に同量の水を加えるだけで簡単に調整できるのもいいですね」(山本さん)

温タオルの準備ができたら、まず顔を温めることからスタート。

4.広げた温タオルを顔にのせ、1分間ほどそのままで深呼吸。「目の部分のタオルを二重にすると、気持ちいいですよ」(山本さん)

5.2で残ったお湯で温タオルをつくり直し、もう一度、顔にのせて深呼吸。今度は、3秒吸って3秒息を止め、6秒かけてゆっくり吐く動作を3回ほどくり返します。

6.顔が温まったら、目もとや小鼻まわり、口もとなど、気になる部分を優しく拭きます。

7.耳のまわりもマッサージするようにしっかり拭くと、目がぱちっと開くそうです。

8.さらにリンパを流すように首筋を拭き、デコルテまですっきりと。

「温タオルをつくるとき、100ml多めに用意しているのは(1で用意した200mlの、使わなかった100ml)は、白湯として飲むため(笑)。

白湯を少しずつ飲みながら、温タオルで顔を温めると、体の内と外からぽかぽかして、本当に気持ちいいんです。最後に、フェイスオイルをほんの1滴顔全体になじませると、そのあとの化粧水のなじみもぐっとよくなり、化粧ノリもアップします」(山本さん)

山本さんの愛用アイテム

山本浩未さん

広島県出身。ヘア&メイクアップアーティストとして多くの女性誌や広告などで幅広く活躍。「今すぐ実践できるメイクテクニック」を発信するメイクアップの第一人者。

近藤須雅子さん

美容ジャーナリスト。京都生まれ。女性誌・美容誌をはじめ、多数の媒体で美容記事に携わり、35年以上にわたり最前線で活躍。趣味は着物、美術鑑賞など。

【連載】365日美と健康のお悩み相談室

※表示価格は税込みです。

●お問い合わせ

貝印
フリーダイヤル:0120-016-410 https://www.kobako.com/

ジュリーク・ジャパン
フリーダイヤル:0120-400-814 https://jurlique-japan.com/

イラスト/umao


質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading