アート・カルチャー・ホビー

偏見を超えた先にある自由、平和、そして幸せ。映画『世界で一番しあわせな食堂』、『天空の結婚式』

偏見を超えた先にある自由、平和、そして幸せ

世界で一番しあわせな食堂

© Marianna Films

フィンランドの小さな村にやってきた中国人親子のチェンとニョニョ。

バス停前の食堂に入ったチェンは、オーナーのシルカに、ある人の消息を尋ねる。

手がかりを得られぬまま、翌日も食堂で人探しを続ける彼は、食堂にやってきた中国人団体観光客の料理への不満を耳にして、調理を買って出る。

観光客の喜ぶ姿を見たチェンとシルカはそれぞれ食堂を、人探しを手伝うことを約束。ふたりは次第に距離を縮めてゆくが……。

料理は心と体を満たすもの。『世界で一番しあわせな食堂』は、そんなシンプルな事実を描いた作品。

天空の結婚式

© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl

役者仲間のパオロに求婚したゲイのアントニオ。結婚の障壁はもちろんふたりの家族で、親に認めてもらうため、彼らはアントニオの実家へと向かう。

息子の選んだ相手ならと、パオロを受け入れる母親アンナに対し、過疎の村の村長として、普段はどんな人も歓迎するリベラルな父親ロベルトは、結婚に大反対。

そんな夫を家から追い出したアンナは、この村で挙式し、パオロの母親も参列することをふたりの結婚の条件として準備に乗り出し……。

『天空の結婚式』の舞台は、古い町並みが残るイタリアの小さな町。当事者として向き合えば、偏見を超えられる。映画はそのことを言外に伝えている。

『世界で一番しあわせな食堂』

2019年 フィンランド・イギリス・中国合作 114分
監督/ミカ・カウリスマキ
出演/アンナ=マイヤ・トゥオッコ、チュー・パック・ホング、カリ・ヴァーナネン
公式URL/https://gaga.ne.jp/shiawaseshokudo/
2021年2月19日より新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国順次公開


編集部おすすめ
『天空の結婚式』

2018年 イタリア映画 90分
監督/アレッサンドロ・ジェノヴェージ
出演/ディエゴ・アバタントゥオーノ、モニカ・グェリトーレ、サルヴァトーレ・エスポジト、クリスティアーノ・カッカモ
公式URL/http://tenkuwedding-movie.com/
YEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開中

取材・構成・文/塚田恭子

『家庭画報』2021年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading