アート・カルチャー・ホビー

【日本画家・千住 博 空海との対話】密教の聖域、高野山金剛峯寺に描く

密教の聖域、高野山金剛峯寺に描く 千住 博 空海との対話 弘法大師空海によって開創された真言宗の総本山、高野山の金剛峯寺。その主殿の二間に日本画家・千住 博さんの障屏画が奉納されました。壮大な思想である密教における特別な空間に描くこと。それは空海と一人の画家との心の対話でもあったのです。

千住 博 空海との対話
断崖図
金剛峯寺の「茶の間」に描かれた『断崖図』。空海の修行の厳しさを表現した崖が襖18面にわたって続く。L字形の角は崖が切れ、希望の光を垣間見る。

千住 博 空海との対話

ほとんど光の入らないその部屋に近づくと、目の前に広がる黒の濃淡が崖であることに気づきます。L字形に配置された襖18面に及ぶ『断崖図』は、その全貌を一目では捉えることができないまま、険しい岩肌が重圧感をもって迫ってきます。よく見ると崖の上には樹木が霧に霞んで佇み、L字の角にあたる部分は断崖の切れ目となり、光が差し込むように白く抜けています。

崖と樹木は現実にあるものなのに、この空間に広がるのは見知らぬ、それも不安をかきたてるような異世界。日本画家・千住 博さんが、揉んだ和紙に岩絵具をのせるという手法で描いた「平面の彫刻」と評される風景です。

約1200年前に空海が開創した金剛峯寺。その「茶の間」と「囲炉裏の間」に2020年10月16日、千住さんの『断崖図』と『瀧図』が奉納されました。制作に約2年半、全国7か所を巡回してのようやくの設置。まさにここに納めるために描かれた絵であることを証明するかのように、絵は空間の一部と化し、まるで1200年前からそこにあったかのような存在感を漂わせています。

千住 博 空海との対話
金剛峯寺が擁する日本最大級の石庭・蟠龍庭(ばんりゅうてい)を望む千住 博さん。

「ここで自分の絵を見て、もうこれ以上の絵は描けないと思いました。これ以上の瀧もこれ以上の崖も描けない。ここで自分は完全にリセットで、きょうこの日よりゼロからのスタートだと。もちろん絵描きだから絵は描き続けます。振り出しに戻ったんです」と千住さんは語ります。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading