アート・カルチャー・ホビー

レア音源で秘密を探る。エンニオ・モリコーネ、没後初のアルバムがリリース

〔今月の音楽〕

レア音源で秘密を探る

モリコーネ

©MARKA/Alamy Stock Photo

2020年7月6日、エンニオ・モリコーネが91歳で世を去った。喪失感は大きい。

モリコーネ作品で最も広く親しまれているのは映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の音楽だろう。美しい旋律とハーモニーが郷愁を誘い、南伊の明るい太陽を思わせる。

一方で彼はもともと、現代音楽全盛期にローマにある名門のサンタ・チェチーリア音楽院で作曲法を学んだ人。実験的な創作への欲求も強かった。

代表ジャンルの一つであるマカロニ・ウエスタン映画の音楽は、今でこそ懐かしさを感じるが、当時、口笛や口琴をメインに用いるのは斬新だった。

今回、没後初のアルバムがリリースされたが、ここに登場するのは口笛どころではない。女声スキャットやピアノによる甘い音楽もありながら、ときに奇声やノイズ音がサイケデリックな雰囲気を醸す。

多くは日本未公開のサスペンス映画の楽曲。さすが天才の感性、実験的音楽でも耳を引きつける。

モリコーネが真に没頭していたのは、大衆に受け入れられにくいこうした創作だった。長男のマルコは「エキサイティングな収録曲の中に、父の姿が見える」と語る。

今、改めてモリコーネが追求した音楽を知り、その偉業に思いを馳せたい。

ドキュメンタリー映像をご覧いただけます

モリコーネ92回目の誕生日となるはずだった2020年11月10日、彼の創作活動にかかわった音楽家が集い、レア音源を聴く様子を収めたドキュメンタリーが無料公開された。

編集部おすすめ

モリコーネ
『モリコーネの秘密』

モリコーネの秘密

UCCL-1222 3080円(税込み) Universal Music

モリコーネが高い創作意欲をもって活動していた1960年代後半から1980年代前半に録音されたものの、長らく眠ったままになっていたレアな未発表音源を多数収録。モリコーネが美しいメロディの裏に隠していた秘密を知り、キャリアを振り返る。


モリコーネ
『モリコーネ 60』

モリコーネ 60

UCCL-1190 3300円(税込み) Universal Music

87歳当時のモリコーネが、作曲家・指揮者生活60周年を記念し、選曲、録音、指揮を手がけてリリースしたグレイテスト・ヒッツ・アルバム。共演はチェコ・ナショナル交響楽団。マカロニ・ウエスタン映画から『ニュー・シネマ・パラダイス』『ミッション』等のヒット作まで、新録音を収録。

表示価格はすべて税込みです。

取材・構成・文/高坂はる香

『家庭画報』2021年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading