アート・カルチャー・ホビー

山本文緒さん、7年ぶりの新作・長編小説『自転しながら公転する』

〔今月の本/小説〕

『自転しながら公転する』

『自転しながら公転する』

山本文緒 著/新潮社

高校卒業後、好きなファッションブランドの店に勤めていた与野 都。

東京での仕事や恋に疲弊していた彼女は、更年期障害が深刻な母親を父親と看病するため、実家に戻り、今は地元のアウトレットモールに出店しているアパレルで契約社員として働いている。

自分の将来像がなかなか見えない都だったが、元ヤンキー風ながら、意外な面を持つ貫一と出会い、彼に惹かれていく。

起伏のある母親の症状、正規と非正規雇用の軋轢やセクハラもある職場の人間関係、同級生との恋愛・結婚話……。

不安や迷いを他人事ではなく描いた著者の7年ぶりの長編小説。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>

『家庭画報』2021年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading