アート・カルチャー・ホビー

「能」の言の葉・2月 芦刈/難波津に 咲くやこの花 冬籠 今は春べと 咲くやこの花

2月・芦刈(ありかり)

梅の木大阪府の“府の花”である梅。大阪城公園の梅林には1270本あまりの木が植えられている。 (写真・奥田健一/アフロ)

難波津に 咲くやこの花 冬籠 今は春べと 咲くやこの花

選・文=大倉源次郎(大倉流小鼓方十六世宗家)

和歌の歴史は古く、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が奇稲田姫(くしなだひめ)を詠んだことに始まります。

古今、新古今と続く勅撰和歌集の歴史は新年の歌会始に繫がり、間違いなく言霊の幸わう国である日本の伝統の柱です。

歌物語はやがて能楽という舞台芸術に発達しました。

また、歌は生活文化にステージを上げ、お茶、お花を中心とした見立ての世界を広げ、工藝・建築を含む総合芸術へと日本の文化を育んだのです。

「能」の言の葉

『家庭画報』2021年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading