アート・カルチャー・ホビー

貴重なポートフォリオから知る。チャイコフスキーの日常と19世紀後半のロシア

私たちの心に寄り添うチャイコフスキー 第3回(全9回) 2020年に生誕180周年を迎えたピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840~1893年)。時に甘く、時に悲しく、深く、語りかけるその音楽は、子どもから大人まで聴く者の心をとらえて離しません。本特集では、彼が生前暮らした家や資料、チャイコフスキーに魅了されたかたがたの言葉から、チャイコフスキーの心の奥底、その音楽の真髄に迫ります。前回の記事はこちら>>

貴重なポートフォリオから知る
チャイコフスキーの日常と19世紀後半のロシア

作曲家チャイコフスキーはどのような人々に囲まれ、どんな生活を送っていたのでしょうか。当時最新だった写真から、その素顔や19世紀後半のロシアの風景が見てとれます。新全集を構成するものとして作られた限定50冊のポートフォリオより、その一部をご紹介します。
ポートフォリオ
※写真集は一柳富美子さん所有。

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの生涯

1840年(0歳)
ロシア・ウラル地方ヴォトキンスクに生まれる。

1852年(12歳)
サンクトペテルブルク法律学校予科入学。

1854年(14歳)
母アレクサンドラが死去。

1859年(19歳)
法律学校を卒業、法務省入省。

1862年(22歳)
法務省勤務の傍ら、サンクトペテルブルク音楽院に1期生として入学、アントン・ルビンシテインに作曲を学ぶ。

1866年(26歳)
前年に音楽院を卒業し、創設まもないモスクワ音楽院の講師になる。「交響曲第1番《冬の日の幻想》」を作曲。

1869年(29歳)
幻想序曲「ロミオとジュリエット」作曲。

1875年(35歳)
「ピアノ協奏曲第1番」初演。

1876年(36歳)
初のバレエ音楽「白鳥の湖」発表。ピアノ曲集「四季」を音楽誌に連載。フォン・メック夫人との文通を開始、後に資金援助を受けるように。

1877年(37歳)
「交響曲第4番」を作曲。

1878年(38歳)
「ヴァイオリン協奏曲」作曲。モスクワ音楽院を辞し、本格的に作曲家の道へ。

1888年(48歳)
「交響曲第5番」作曲。

1890年(50歳)
フォン・メック夫人との文通・資金援助が途絶える。オペラ『スペードの女王』初演。

1891年(51歳)
アメリカ・カーネギーホールの杮落としにて、「組曲第3番」等の自作指揮で絶賛される。

1892年(52歳)
クリンに移住。バレエ音楽「くるみ割り人形」初演。

1893年(53歳)
サンクトペテルブルクで「交響曲第6番」初演、9日後に急死。国葬が行われる。

撮影/本誌・大見謝星斗 取材・文/菅野恵理子 編集協力/三宅 暁 取材協力/Natalia Goryacheva ロシア国立チャイコフスキーの家博物館

※写真集は一柳富美子さん所有。

『家庭画報』2021年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading