アート・カルチャー・ホビー

詩人のことば、その力強さに圧倒される。伊藤比呂美 著『道行きや』

〔今月の本〕

『道行きや』

『道行きや』

伊藤比呂美 著/新潮社

20数年前、子どもを連れてカリフォルニアに移住した後も、遠距離介護のために日米間を頻繁に往来。

母、父、そして年長の夫を看取ったのち、大学で詩を教えることを機に日本に戻った伊藤比呂美さん。

帰国後も、週の前半、後半で東京と熊本を行き来し、その合間にも各地に赴くなど、回遊魚のようにダイナミックに東奔西走する──

そんな詩人が熊本の河原や立田山、カリフォルニアのキャニオンで、愛犬ホーボーとともに目にした風景のこと、詩やジェンダーについて語り合う学生や講義のことを自在に書き綴った本書。

そのタイトルが示すとおり、各地へ赴く道中の光景や出来事を描く詩人のことば、その力強さに圧倒される。

〔インタビュー〕伊藤比呂美さん、詩との出合いを教えてください>>

「#今月の本」の記事をもっと見る>>

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading