アート・カルチャー・ホビー

佐野元春さん、40年間の名曲を網羅した2つのベストアルバムを発売

〔今月の音楽〕

40年間の名曲を網羅した2つのベストアルバム

佐野元春さん

佐野元春(さの もとはる)
1956年、東京都出身。1980年にシングル『アンジェリーナ』でデビュー。シンガーソングライターとして独自の音楽活動を展開、世代を超え熱く支持され続けている。

「約1年半前から準備してきました。2つ揃えれば、僕のキャリアが俯瞰できます」と話す佐野元春さん。

デビュー40周年を記念して、2020年10月7日に2つのベスト盤を発売した。

1つは、自身のレーベルからリリースした2005年以降の楽曲をまとめた『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTEBAND 2005-2020』。

もう1つは、デビューから自主レーベル設立前夜までの代表曲を収めた『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004』。

「現時点での佐野元春のベストを届けたい、1つの作品として楽しんでもらえたらという気持ちで、いろいろな工夫をしています」との言葉どおり、収録曲は佐野さん自らが厳選し、曲順やバランス、音質にも素敵なこだわりが満ちている。

イラストレーターの牧野良幸さんが描き下ろした、タロットカードをモチーフにしたジャケットの絵も魅力的だ。

残念なのは、やはり着々と準備を進めてきた40周年記念コンサートが、コロナ禍で開催できなくなったこと。とはいえ、そこで歩みを止める佐野さんではない。

「こういう状況だからこそ、アートや音楽の力を発揮できるのではないか」と、精力的に新曲を発表。

貴重なライブ映像などを配信するイベントや、オリジナルグッズの販売なども展開中だ。

これらの収益は「SAVE IT FOR A SUNNYDAY」プロジェクトとして、コロナ禍で困窮する音楽制作者を支援する基金に充てられる。その柔軟な思考と実行力には感嘆する。

「前に進める隙間があれば、とにかく進んでいこうという感じです。コンサートができる状況を探っていきつつ、こんなときだからこそできる表現を追求していくつもりです」

音楽は「大切な誰かに対する捧げ物」であり、「エンターテインメントの先にある表現まで行き着きたい」と佐野さん。

同時代を歩む者として、ぜひその恩恵に与(あずか)りたい。

『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005-2020』

『THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARUSANO & THE COYOTE BAND 2005-2020』

生産限定盤 POCE-9399/400 4500円+税

 

『MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004』

『MOTOHARU SANO GREATEST SONGSCOLLECTION 1980-2004』

通常盤 MHCL-30644~646 4000円+税

表示価格はすべて税込みです。

取材・構成・文/岡﨑 香 撮影/アライテツヤ

『家庭画報』2020年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading