アート・カルチャー・ホビー

井上道義指揮×野田秀樹演出による歌劇「フィガロの結婚」が再演!

〔今月の音楽〕

モーツァルト/歌劇
『フィガロの結婚』~庭師は見た!~(再演)

フィガロの結婚

モーツァルトの傑作の舞台を黒船来航時代の日本に置き換えるという斬新なアプローチで2015年に初演。

大好評を得た井上道義指揮・総監督、野田秀樹演出による歌劇『「フィガロの結婚」~庭師は見た!~』が再演に。

アルマヴィーヴァ伯爵をペーター・ボーディング、伯爵夫人をアンナ・クライニコヴァ、スザ女(スザンナ)を小林沙羅、フィガ郎(フィガロ)を大山大輔(1日は寺田功治)、ケルビーノをミハウ・スワヴェツキが務めるなど、出演者は実力派揃い。

日本語字幕付きイタリア語(一部日本語)上演。

モーツァルト/歌劇
『フィガロの結婚』~庭師は見た!~(再演)

東京芸術劇場 コンサートホール
2020年10月30日 18時30分~、11月1日 14時~
S席1万4000円ほか
東京芸術劇場ボックスオフィス:0570(010)296
URL:https://www.geigeki.jp/performance/concert054/
2020年9月19日に川崎公演、10月18日に北九州公演あり

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading