アート・カルチャー・ホビー

国内外約70組のアーティストが参加!現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」

〔今月の美術〕
『ヨコハマトリエンナーレ2020
「AFTERGLOW─光の破片をつかまえる」』

AFTERGLOWー光の破片をつかまえる

ニック・ケイヴ 《回転する森》 2016年(2020年再制作)ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景 ©Nick Cave

3年に1度開催される現代アートの国際展『横浜トリエンナーレ』。

20年目となる今回は、インド出身のアーティスト3人組「ラクス・メディア・コレクティヴ」をアーティスティック・ディレクターに迎え、国内外約70組のアーティストが参加。

自ら学ぶ「独学」、学んで得た光を遠くまで投げかける「発光」、光の中で育む「友情」、互いを慈しむ「ケア」、世界に否応なく存在する「毒」との共存―をキーワードとしている。

多様な作品を通じて、厄災の中でも自ら光を見つけ、他者と共生する道を探りたい。

『ヨコハマトリエンナーレ2020
「AFTERGLOW─光の破片をつかまえる」』

横浜美術館、プロット48
〜2020年10月11日まで
休館日:木曜(10月8日は開館)
入館料:一般2000円(※日時指定予約制)
ハローダイヤル:050(5541)8600
URL:www.yokohamatriennale.jp

表示価格はすべて税込みです。

撮影/大塚敬太 写真提供/横浜トリエンナーレ組織委員会

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading