アート・カルチャー・ホビー

日常のなかの幸せを再発見する2冊。『日曜日の夕刊』、『花のベッドでひるねして』

おうち時間にゆっくりと楽しみたい、優しい気持ちになれる本をご紹介します。今回のテーマは「“日常のなかの幸せ”を再発見」。

『日曜日の夕刊』

『日曜日の夕刊』

重松 清 著/新潮文庫 710円

気乗りしないまま、母親の勧めで父親とサマーキャンプに参加する少年(「サマーキャンプへようこそ」)。

自分たちを捨てて別の家庭をつくった父親を恨む妹と、最後に会いたいといわれ、ある決意をする姉(「寂しさ霜降り」)。

重松清さんの『日曜日の夕刊』は、さまざまな家族が登場する短編集。

わかっているけど認めたくない、口にしたくない自分のコンプレックスを受け入れる登場人物に向けられる著者の眼差し、その温かさが、どの短編からも滲む。

『花のベッドでひるねして』

『花のベッドでひるねして』

よしもとばなな 著/幻冬舎文庫 460円

わかめにくるまれて、海辺に捨てられていた幹。自分を拾ってくれた大平家の家族に愛されて育った彼女は、祖父の残したB&Bを継いで、穏やかな日々を過ごしていたが……。

欲しいものを引き寄せる力があった祖父の、“違うことはしない”という教え、啓示のような夢など、日々のなかで起きる小さな奇跡を物語に紡ぐよしもとばななさん。

『花のベッドでひるねして』は、タイトルが示唆するように優しく、幸せに生きることの大切さを読み手に伝える。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading