アート・カルチャー・ホビー

清水ミチコさんが選んだ「心を解き放つ」音楽、おすすめ4枚

おうちで免疫アップ 人は心身がゆったりと落ち着き、楽しい気持ちになると、副交感神経の働きにより免疫力が高まるといわれています。心がときめく人のインタビュー、心がじんわりと温かくなる本と音楽など、家庭画報のナビゲーターがとっておきの情報を選んでくれました。前回の記事はこちら>>

1人の時間を心豊かに過ごすために♪

清水さん

ナビゲーター・文/清水ミチコ(しみず みちこ)
タレント。岐阜県出身。1983年、ラジオ番組の構成作家から次第に出演もするようになり、86年「渋谷ジァン・ジァン」にて初ライブ。翌年フジテレビ系『笑っていいとも!』で全国区デビュー、同年CDデビューも果たす。以後、独特のものまねと上質な音楽パロディで注目され、幅広い分野で活躍中。毎年の日本武道館公演も恒例。CDに『趣味の演芸』(ソニーミュージック)など。

沈静作用が魅力。グールドのピアノ

グレン・グールド『J.S. バッハ:インヴェンションとシンフォニア/イギリス組曲第1番』

ソニーミュージック 1600円+税

グレン・グールド
『J.S. バッハ:インヴェンションとシンフォニア/イギリス組曲第1番』

昔の録音なので、当然、演奏の音質は悪いのに、ペダルを踏む音や息遣いが聴こえてきて生々しいほど。彼がいかにバッハを好きだったかがわかります。

個人的には、彼の演奏を聴くたびに落ち着きを取り戻せるので、ライブの本番前などに聴いています。普通、音楽には興奮・高揚作用があるけど、私にはちょっとした精神安定剤です。

フジコさんの人間性が見える名盤!

フジコ・ヘミング『 奇蹟のカンパネラ』

ビクターエンタテインメント 2900円+税 写真提供:ビクターエンタテインメント

フジコ・ヘミング
『奇蹟のカンパネラ』

迫力のある表現や儚げなピアノの音に、大胆であり、また繊細でもある人間性が見えてくる名演。人は音楽に感動するようで、結局は演奏する人に惹かれているんですねえ。

ちなみに、私はフジコ・ヘミングさんご本人も大好きで、彼女のものまねが我ながらうまいのですが、どこでやってもシーン──。これぞ宝の持ち腐れです。

多様な自然の水流音に心が洗われる

『屋久島 ナチュラルサウンド(自然音)』

ディジフュージョン・ジャパン 1200円+税

『屋久島 ナチュラルサウンド(自然音)』

親友からLINEで教えてもらったこのサウンドは、今聴くにはうってつけのデジタルコンテンツ。

鳥の声、川のせせらぎ、波の音、雨の森、湧き水の音など、屋久島に流れる自然の音がジャンル別に収録されているだけ。にもかかわらず、水流音を聴いているだけで脳の中にまで音が流れ込み、心身を洗浄してくれるかのようです。

こわばった心をほぐすような1枚

矢野顕子『ピアノ・ナイトリィ』

ソニー・ミュージックダイレクト 1800円+税

矢野顕子
『ピアノ・ナイトリィ』

閉塞感や孤独感を感じるこのご時世に、応援ソングやパレードみたいな励ましの歌は、かえって虚しく感じてしまう私。

その点、このアルバムは、いつの間にか孤高であることの強さや尊さが、緊張をほぐしてくれるかのように伝わってきます。ピアノが上手いのはもちろんですが、感情を揺さぶるような歌声にも癒されます。

〔特集〕おうちで免疫アップ

〔心がときめく人のインタビュー〕・・・近日公開予定

〔行った気になる美術展〕
画家・神田日勝の没後50年回顧展へ。『なつぞら』舞台の十勝の地に、希望の窓を開く

〔心を解き放つ音楽〕
郷 ひろみさん「僕の歌で、皆さんの気持ちが上がったら最高ですね」
ピーター・バラカンさんが選んだ「心を解き放つ」音楽、おすすめ4枚
清水ミチコさんが選んだ「心を解き放つ」音楽、おすすめ4枚

〔免疫力がアップする本〕・・・近日公開予定

〔世界を旅する映画〕・・・近日公開予定

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading