アート・カルチャー・ホビー

カウンターテナーとして大注目!オペラ歌手・藤木大地さん、新国立劇場『夏の夜の夢』に登場

〔今月の音楽〕

※以下の記事は、『家庭画報』2020年4月号取材当時の情報です。開催状況が変更となっている場合もありますので、最新情報は公式ホームページ等でお確かめください。

注目のオペラ歌手が新国立劇場に登場

藤木大地さん

藤木大地(ふじき だいち)
1980年、宮崎県出身。2012年、日本音楽コンクールで第1位に。17年、ウィーン国立歌劇場にデビュー。18年にはアルバム『愛のよろこびは』をリリース。

「17年前、僕がプロとして初めて立ったのが、新国立劇場の舞台でした。当時はテノールでしたけど」と笑顔が素敵な藤木大地さん。

ウィーン国立歌劇場に、2017年春に東洋人初のカウンターテナーとしてデビューした注目のオペラ歌手が、約17年ぶりに新国立劇場に登場する。

同劇場で初上演されるヘンデルの傑作『ジュリオ・チェーザレ』に、チェーザレの敵トロメーオ役で出演するのだ。さらに秋には、同劇場のオペラ新シーズン開幕を飾るブリテン『夏の夜の夢』に出演。妖精の王オーベロン役で主演を務める。

「このタイミングで、僕がカウンターテナーにとって最も大事だと思っている役で呼んでもらえるなんて。『夏の夜の夢』は、ブリテンがアルフレッド・デラーというカウンターテナーのために書いた、おそらく歴史上初めて、カウンターテナーに主役が与えられた作品。僕が海外のオーディションで必ず1曲目に歌っていたのも、オーベロンのアリアです」

子どもの頃から歌が得意で、「褒められたことを伸ばそう」と東京藝術大学音楽学部に進学した藤木さん。ミュージカル俳優・井上芳雄さんは、高校時代から声楽コンクールで競い合った大学の同期だ。

新国立劇場オペラ研修所を修了後、ボローニャに留学。

海外の舞台に立つ道を探ったもののままならず、だったら違う人生を歩もうと、ウィーン国立音楽大学大学院で文化経営学を学んでいた10年夏に転機が訪れる。

風邪で地声が出なくなり、裏声で歌ってみたところ思いのほか好評で、カウンターテナーに転向したのだ。

「今はすごく自由に音楽がやれている」と話す彼は、『夏の夜の夢』では、英国の人気演出家デイヴィッド・マクヴィカーの「魔法のような演出」が楽しみという。

「海外で歌うようになって、変な気負いや恐れがなくなりました。このオペラがお客さまにとっても、人生の素敵な体験になったら嬉しいです」

新国立劇場2020/2021シーズンオペラ
ブリテン『夏の夜の夢』〈新制作〉

『 夏の夜の夢』モネ劇場公演より

『夏の夜の夢』モネ劇場公演より

新国立劇場 オペラパレス
2020年10月4日・6日・8日・10日・12日
S席2万7500円 ほか
ボックスオフィス:03(5352)9999
※6月20日よりチケット一般発売
公演の詳細はこちら>>

指揮/マーティン・ブラビンス
演出/デイヴィッド・マクヴィカー
出演/藤木大地、シェシュティン・アヴェモ ほか
※『ジュリオ・チェーザレ』は残席僅少

表示価格はすべて税込みです。

取材・構成・文/岡﨑 香 撮影/大靏 円

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading