アート・カルチャー・ホビー

フランスが認めた「最優秀パティシエ」吉田守秀さん(MORI YOSHIDA・オーナー)が切り開く新時代

美を紡ぐ人々 パリでその実力を認められた「美を紡ぐ」日本人アーティストや職人たちとの出会いを、フランス移住2年目のライター・ルロワ河島裕子が綴ります。連載記事一覧へ>>

美を紡ぐ人 吉田守秀さん(パティシエ)【前編】

取材・文/ルロワ河島裕子

「MORI YOSHIDA」オーナーシェフの吉田守秀さん。

本場の人々が認めたパティスリー新時代のアイコン

フランスの大手テレビ局「M6」のパティスリーのコンテスト番組「LE MEILLEUR PATISSIER:LES PROFFESIONNEL(ル メイユール パティシエ:レ プロフェッショネル)」にて、2018年、2019年にチームで参加し2年連続優勝、仏版「VOGUE」や「Madame FIGARO」など名だたる数々のメディアからも称賛を浴びる、今フランスで最も注目を集めるパティシエの一人、「MORI YOSHIDA」オーナーパティシエの吉田 守秀さん。

2019年11月には東京・渋谷にも初の店舗をオープンし、連日完売するほどの人気を博すなど、日仏で飛ぶ鳥を落す勢いの活躍を続ける彼のニュースは、パリから遠く離れたブルゴーニュの田舎に住む私の耳にも届いていました。

そんなパティスリーの本場で認められた人物が生み出す“フランス菓子”とはいかなるものか、無性に興味をそそられた私は、自宅から300km離れたパリ7区のブティックを訪ねたのでした。


穏やかな口調の中にもパティスリーへの熱い思いを覗かせる。

静かな語り口にのぞく自信とパティスリーへの情熱

これまでに多くの実績を残し、舌の肥えたパリの美食家たちを唸らせてきた吉田さん。フランスの多くのメディアでも注目を集めているスターパティシエですが、初対面で言葉を交わす彼は、物腰穏やかで、取材陣の私たちにもこまやかに気を使うジェントルマン。

しかし、その静かな語り口の中にも、これまで歩んできた道のりに裏打ちされた自信とパティスリーへの人一倍の情熱が感じられます。

日本でも大きな成功を収めていた彼が、それを投げ打ってでも挑戦せずにはいられなかったという、パリでのゼロからのスタート。

そこには、現状に満足せず「常に面白いことをしていたい」という吉田さんの強い思いがありました。今回は、そのヒストリーに迫ります。

お菓子づくりに特別な思いのない青年が、パティスリーの魅力に開眼するまで

静岡にある実家が祖父の代から和洋菓子店を営んでいたこともあり、高校卒業と同時に洋菓子の専門学校に通うことになった吉田さん。しかし、当時はお菓子作りに特別な思い入れはなかったといいます。

「僕には兄が2人いるのですが、2人とも優秀でそれぞれ薬科大学、美術大学と、将来を見据えた勉強をしていました。末っ子の僕は、なんとなく自分が後を継ぐのかな、という空気を感じ取り、東京への憧れもあり都内のお菓子の専門学校へ通うことになりました。でもモンブランが栗のお菓子であることも、その時知ったくらい(笑)。意欲のある生徒とは言い難かったですね」と吉田さん。

専門学校卒業と同時に、東京・青山の洋菓子店「アニバーサリー」に勤務。翌年、“フランス菓子”の本場フランスへ留学します。

「でも当時は、フランスのパティスリーにあまり面白さを感じられなかった。僕が“日本の舌”のまま行ってしまったというのもあるのですが」。

そこで半年で帰国、直後、知人の紹介で「パーク ハイアット 東京」で働くチャンスを得ます。ここでの経験と出会いが、吉田さんのパティスリーへの情熱のスイッチをオンする契機になったのです。


日本では「MORI YOSHIDA」を象徴するアイテムとして展開中のモンブラン(中央)や、パリのブティックのシグネチャーの一つ「M」(左)など、吉田シェフの独自のフィルターを通して作り出された個性豊かなガトーの数々。「モンブランの製造方法は日本で展開しているものと同様ですが、食材はそれぞれその国のものを使用しています。同じモンブランでも、その土地の味を感じてもらえたら」と吉田さん。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading